ナビゲーションをスキップ

Category Archives: デザイン

926daafa.png2008/09/23にAdobeがCS4に関する発表を行う?
と思ったが、

9/23が発売日という情報もあり、
http://japan.cnet.com/news/ent/trackback/0,2000056566,20379836,00.htm
β版が先行公開というのもあり、
http://blog.m-school.biz/article/98537145.html
風雲急を告げる。
いまだCS3の検証中勉強中なのに、生き急いでるようで嫌だな。
我々が業味で使用するソフトに唯一求めるものは安定性なのに、
いつになったらソフトメーカーはそれを理解できるのだろう?

マック機材の導入のロードマップとの兼ね合いもあるけど、
今回はスルーして次回以降にアップグレードとさせていただきたいものだな。

とはいえ、どんな風になったのかは気になる。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

0fd79fc1.jpgBlack design : ブラック・デザインは、目黒・品川地区で活動しているデザインプロダクションです。 印刷物全般のグラフィックデザイン/印刷、及びwebデザインのお仕事を承っております。日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)の正会員デザイナーが懇切丁寧に制作いたします。お気軽にご用命下さい。

●受注業務
○雑誌広告、新聞広告 ○ポスター、POP、各種販促物
○カタログ、パンフレット ○会社案内、広報誌、PR誌
○シンボルマーク、ロゴタイプ ○パッケージデザイン
○グラフィックデザイン全般 ○webサイト構築、Flash制作
○印刷(多様な印刷に迅速対応) ○コピーライター・撮影・イラスト対応

PDFファイル
http://www.graphic-designer.jp/pdf/design.pdf

Black design
http://www.blackdesign.jp/

a5f815fd.jpghttp://www.multi-bits.com/dat/cs4/
アドビの主要製品であるPhotoshopとIllustratorの発売サイクルを調べたところ過去5回の新バージョン発売のサイクルは短いところで1年2 ヶ月、あとはほとんどが1.5年〜 2年以内での発売だ。
特にIllustratorは約1.5年と2年の間隔を繰り返している。
これまでのパターンでいくと次バージョンの発売は現バージョンであるCS3の発売から約1.5年後の発売ということになる。CS3の発売は2007年6月。1年半後に発売となれば今年の年末にも次のバージョンのCS4が発売になるかもしれない!!

いまだCS3の機能も使い切れてないし、
完全に安定化してるとも言いきれない状態の中、
もう次のバージョンの発売が近づいているのですか〜
もはやアドビに明確なライバルソフトは存在しないし、
ユーザーの安定的な使用を考えるなら、
バージョンアップは3年から5年おきくらいで、
その間の環境や機材の変化は
マイナーアップデートで対応してくれる、くらいで良いと思うのだが。
機能もべらぼうに進化してるわけでもないし。

まあアドビ社も商売でやってることだから
利益を出さなければいけないのだろうけど。

●アドビのアップグレードポリシー
クリエイティブ製品でアップグレードできるのは過去3バージョンまで

となると現在CS3ユーザーである私が、
CS3のままアップグレードできるのはCS6までですね。

CS4 2008冬? スルーの予定
CS5 2010冬? スルー、または機材の進化とマッチングに合わせてUG考慮
CS6 2012夏? 絶対アップグレード

という感じですかねえ。
最新の高速モデルよりも、
古くて「枯れた技術」で信頼性の高いモデルの方がありがたく、
そしてソフトとの対応とマッチングの問題もありますしねえ。
機材の導入と熟成は、常に頭の痛い問題です。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

d163ad37.jpgグラフィックデザインという業務である以上、「プリント用紙は切らしちゃならない」という強迫観念みたいなものがあったような。用紙残数が少なくなってきた段階で、500枚の束を2つか3つ購入しておくような感じで。
現在は近所の五反田TOCにオフィスデポがあるので、用紙切れになっても(20時の閉店前なら)問題なくすぐに補充できるありがたい環境。今回はA4モノクロ用紙(森林認証リサイクルペーパー)一束を買ってきたが、店頭特別割引価格で300円ちょっとというありがたい値段。
とりあえず邪魔なものを置かない事でスペースも有効に活用できるし、現時点で必要なものだけ買って行くというのもよい事だ。
アスクルも利用してるけど、送料無料になるのは1,900円以上買わないと行けないしなあ。それに配送による環境負荷も気になるし。色んなものをまとめて買うには良いのだけれど。

Black designの出力環境は、

・カラーレーザー[A3ノビ]
カンプ出力用。最新型ではないけれど、こってりと発色してくれて頼れる一台。

・モノクロレーザー[A3]
一番使用頻度が多い。ウオームアップからプリント可能まで10秒くらい、ファーストプリントまで15秒くらい。ランニングコストも一枚10円以下だと思う(一度トナー買うと一年半くらい持つし、あとは紙代くらい)
モニタ上ではカラーでデザインしてるのだけど、それをモノクロで出力して視認性を確認するというのもグラフィックデザインでは重要な部分です。
その他、資料のプリントなどにも活用。中古で購入したのだけど、全く衰えずに動き続けるのでありがたい。

・インクジェット
A3可能だけど、ほとんど使用せず。遅いしランニングコスト高いし。
でも特殊な用紙にプリントする際に必要になる事がたまにある。インクのにじみがいい感じ。

・ALPS社の熱転写プリンタ
これはいまだに現役。白のインクリボンとか、金とか銀のインクまである。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://blog.blackdesign.jp/
http://design-link.jpn.org/

98418b09.png私の加入している社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)で、
イントラネットが発足して一ヶ月くらい。

SNSみたいな感じなんですけど、
JAGDAに加入してても知らない人たちと、徐々に交流が出来てきて
面白くなってきました。

会員数は東京が一番多いのだけど、
地方にもたくさん頑張ってるデザイナーさんがいらっしゃることが
実感として分かってくるし。

まだまだ黎明期だけど、ネット上の交流が、現実の交流へと続く予感もあるし、
いくつかプロジェクトも動き出してる。

グラフィックデザインのできることが加速する力になるべく
協力していきたいです。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

bab63fd7.gifBlack designは、本文用書体としてイワタ社の「細ゴシック体オールド/中ゴシック体オールド」を導入しました。
http://www.iwatafont.co.jp/MO_FONTS/gothic.html
フォントはグラフィックデザイン制作に置いて重要な要素です。その中でも大きなウエイトを占める本文に適切な書体の選定は、極めて慎重に検討してまいりました。イワタ社の「細/中ゴシック体オールド」は、終筆部にアクセントを持ち、小さなサイズで使用しても可読性の高く、柔らかさと力強さを両立したフォントです。今後の様々なデザイン制作に活用できる書体であると認識しております。
Black designは今後も、必要に応じて高品質な書体を順次導入して行く予定です。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

10fce62c.jpgホンダの新型燃料電池車、FCXクラリティにも
カタログが用意されているということを知り、資料請求してみる。
http://www.honda.co.jp/FCX/

水素を燃料とし、水しか排出しないという環境性能を、
広大な水の上を走る車体の、清々しいビジュアルで表現してます。

生産を開始したとはいえ、インフラ整備の問題もあるし、
とりあえずは官公庁および一部民間企業へのリース販売のみ
(値段を付けると一台数億とも言われてるし)
そんな商品であっても、ちゃんとカタログを用意するのはえらいよなあ。
インサイトと同じく、企業イメージ向上の商品であるにせよ。

そういえばNSX type R GT(ホモロゲ用5台限定モデル、五千万円、一台販売)の時も
A4/4ページパンフレットをちゃんと用意してたし。
自社のブランド向上のために、なにをすべきか理解できてるというのは
本当に素晴らしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ホンダ・NSX
2005年2月22日、「NSX type R GT」発表。3月22日までの1か月間限定で
SUPER GT参加のホモロゲーション取得用に5台限定で販売を予定していたが、
実際に作られたのは1台だけで、その価格は5,000万円であった。
ベースの「タイプR」に、カーボン製エアロバンパーなどの空力パーツを装着し
全長全幅を拡大。エンジン(C32B型)、ミッション(6MT)、
ダブルウィッシュボーン式サスペンション等の基本性能は変更なし。
型式ABA-NA2。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

a22610ef.pnghttp://designwork-s.com/article/104981811.html
顔写真というのはほんの少しの事で、印象が全然違います。例えば、唇の角度だったり眉毛のバランスだったりと大幅に変えなくても見栄えを構成する要素のバランスで大きく変わったりします。そこで今回紹介するのはそんなほんの少しを簡単に整えてくれるソフトウェア「Digital Face Beatification」です。
顔の平面図を見ながら、簡単に顔のバランスを整えていくことが可能です。

Photoshopでシミだのシワだの消したりはよくあるけど、
肉厚から変えて行っちゃう感じがハンパないですねえ。
メーキャップとか整形外科の能力が求められそうだけど、
確かに微妙な違いで、印象は大幅に変わりますねえ。

デモ版は下記サイトから近日ダウンロードできるそうで。
http://www.cs.tau.ac.il/~tommer/beautification2008/
お見合い写真館の御用達ツールとなるかも。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

dbfb1362.jpg資料として見たくなり、マイバッハのカタログを請求。
ちゃんとした身分でないと送ってくれないかもと思ったが、
恐ろしい速さで届くw。さすがメルセデス。

62のカタログ、57のカタログ、価格緒元表、そして英語の本カタログ。

高級車らしくシンプルで研ぎすまされたレイアウト。
紙質はもう少し高級感のあるものを選ぶべきかな。
英語版の本カタログ、船便で送られたのか造本の品質が低いのか、
平綴じの糊がはがれている部分があり。

価格は4,400万円〜5.900万円。
てゆかオプションで一番高いもの(液晶調光・電動ガラスパーテーション)は400万円と、
そこそこの車が買えてしまうお値段w

間違いなくショーファードリブンカーだが、こういう車の運転手という仕事も
よいのだろうなあ、などと思ったり。

話は全く変わるが、
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0808/19/news100.html
「ニコ動」経由で6300万円の仏壇“カラ注文”? 販売元「被害届出す」
「ニコニコ動画」経由で6300万円の仏壇を注文しながら、代金を支払わず商品を受け取らないという
“カラ注文”があったようだ。店は「警察に被害届を出す」とカンカンだ。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/butudanya/obutudan-houjyu30.html

もちろんご先祖様には感謝してるし、敬いの心は大切だが、
凄い価格ですねえ、そこそこの土地に一戸建てが建つお値段。
値段はともかく、ネットで6,300万の商品が買えるというのも凄すぎる。
現物を確認せずに買う人がいるのか?とか
こんな高額商品を配送してくれるのか?とか
クレジットカードで決済できるのか?とか、
庶民の視点からしたら凄すぎます。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

901e36fc.jpghttp://www.cameraphonesplaza.com/wood-phones/

Maybe you read about the Luxury Mpingo Phones from Gresso. They are made of African Blackwood, a very expensive material on the commercial timber market.
Now i want to present to you the Maple Phone from 2 designers that won Silver at the International Design Excellence Awards 2008 ( IDEA) competition for the Free Wind, best room air conditioner design.
Hyun Jin Yoon and Eun Hak Lee created a camera phone concept covered in thin wooden film, with touch sensitive buttons that light up through the housing when you touch the phone.

・4.5 x 10.4 x 9.8 cm and is a slider with functions like calling
・MP3 player
・digital camera.
・The touch-sensitive sensors located in the back of the housing turn on the backlight,
responding to your finger touch,
・Maple’s LCD display reveals itself from back as you slide the phone.

タッチセンサーで操作、スライドの内側にLCDもあり、
普通の携帯の機能はあるようだ。

肌身離さず持ち歩くものとして、自然の素材はよいですねえ。
汚れは目立ちそうだけど。

Black design
http://www.blackdesign.jp/