Skip navigation

Monthly Archives: 4月 2012

Lionのテキスト読み上げ機能には、日本語音声の機能もついていたらしい。
但し、日本語データベースは改めてダウンロードする必要があった(無料)

使い方:「システム環境設定」>「スピーチ」>「システムの声」から「カスタマイズ」をクリック、「Kyoko」にチェックを入れ、音声データをダウンロード。
読ませ方:(デフォルトでは)テキストを選択し、Option+Esc

全然アナウンスされてない機能なので、あまり期待しないで試してみたけど、思いのほかちゃんと喋ってくれる。
イントネーションとかには多少違和感はありますし、特に人名や名称などは読み間違いも多いけど、前後の文脈から推定可能な漢字の部分は、ほぼ間違いなく読んでくれる。句読点ではタメもいれてくれて自然な感じに読んでくれるし。
それに、ショートカットキーを押すだけで喋ってくれるというのも、敷居が軽くて良い。

残念ながら商用利用は不可で、個人使用に限られるようだ。
ナレーションソフトというのはそれなりの需要があると思うんだけど、商用利用が不可のものが多いですね。数万円の値段であっても商用可なら喜んで購入するのだけど。でもまあ、そんなソフトが出回ったらナレーターさんの仕事も無くなっちゃうしなあ。難しいところで。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/