Skip navigation

接続保証はないが、iPadやiPhoneに接続して使えるという任天堂製のBluetoothキーボードを使って見た。

http://www.amazon.co.jp/dp/B004QL7LY2/ref=as_li_ss_til?tag=circuitsblojp-22&camp=1027&creative=7407&linkCode=as4&creativeASIN=B004QL7LY2&adid=0EHAZKJ7T69AJFGS04PJ&

「設定」「一般」「Bluetooth」からBluetoothをオンにし、キーボード側の「Fn」キーを押しながら電源スイッチをスライドさせると、「Nintendo Wireless Keyboard」が検出された。指示に従ってキーボード側から数字を打ち込むと認識完了。

IPadのソフトキーボードも、それなりに使いやすいと思ってるけど、やはりメカニカルなキーボードの方が安定感のある文章入力が可能ですねえ、指先から感じられるフィードバックはバカにならない。

大きさは、iPadの幅よりちょっと大きいくらい。持ち運びがそれほど苦痛というわけではないけど、ちょっとしたうち合わせ程度なら躊躇するかも、ソフトキーボードが優秀だからというのも理由だけど。でもホテルとかに泊まってしっかりメール返信する時とかは、多分持って行くべきだと思う大きさ。

「日本語入力モード」と「日本語ローマ字入力モード」の切り替えは、「ホーム(Ctrlキー右の家のマークのキー)とスペースを同時押し。

ポケモンのゲームも付いて来るのだけど、それはまだやってません。タイピングゲームだと思うんだけど。
264(幅)×113(縦)×20(厚さ)ミリ、重さ約300グラム(単三形乾電池×2本含む)

Black design

http://www.blackdesign.biz/
http://www.blackdesign.jp/blog_b/

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。