ナビゲーションをスキップ

Monthly Archives: 1月 2010

http://image.blog.livedoor.jp/blackdesign_2004/imgs/f/2/f285d8f5.png

http://www.uistencils.com/iphone-stencil-kit.html
Price: $17.95
Let your ideas flow with our handy iPhone app prototyping stencil.
Quickly sketch out iPhone UI prototypes. Brainstorm your application ideas using our precision cut stainless steel stencil and mechanical pencil.

iPhoneアプリ制作時の、手書き描写時に便利そうなステンシルプレート。
まあ無くても手書きで書くこともできるので、必ずしも必要なものでもないのだろうけど、細部まで作り込まれていてクオリティが高くて好感が持てます。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://image.blog.livedoor.jp/blackdesign_2004/imgs/e/8/e871c014.jpg

自転車の機動力って、発動機関を利用しないものの中では最高のパフォーマンスを発揮するものと思っています。
この広告は自転車のパーツでチーターの速さや俊敏さを表現しています。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://image.blog.livedoor.jp/blackdesign_2004/imgs/5/3/5304513e.jpg

http://www.fubiz.net/2010/01/18/asus-x-bang-olufsen/
ASUS NX90Jqは、これまでの同社製品とは一味も二味も違うノートPCです。それもそのはず、本製品は独特な意匠とお求めにくいお値段で知られるBang & Olufsenのデザイン。ディスプレイ横に設けられたICEpowerスピーカー、キーボード横のデュアルタッチパッドが特に目を惹きます。
デザインだけでなく仕様もゴージャスで、ディスプレイは18.4型、チップはCore i7にNVIDIA GeForce GT 334Mという組み合わせ、デュアルスロットによりストレージは最大128GBまで対応します。おまけにBlu-rayドライブ、USB 3.0ポート付き。

美しいノートパソコンです。ノートと言いつつも、あまり持ち運びを考えていないような優雅さがありますね。アップルの製品で言うとスパルタカスに似た印象です。

実用と美しさをはかりにかけたら、アップルのノートブックもかなり美しいデザインだと思うのですが、こちらは様々な呪縛から解き放されたようなプロダクトです。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://click.linksynergy.com/fs-bin/stat?id=2MIFDZF75S4&offerid=94348&type=3&subid=0&tmpid=2192&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fitunes.apple.com%252Fjp%252Fapp%252Fid335360815%253Fmt%253D8%2526uo%253D6%2526partnerId%253D30

1000種類以上の単語をランダムに組み合わせたキャッチコピーを、次々とスタイリッシュに表示してくれる、「キャッチコピー自動生成&ディスプレイアプリ」です。
珠玉の名コピー、笑いのツボにハマる迷コピー、意味深な謎コピーなどなど、言葉と言葉の一期一会により紡ぎ出される、無限のキャッチコピーワールドをお楽しみください。
インテリアやエンターテイメントとしての楽しみはもちろん、ビジネスでの実用アプリとしても、新商品のアイデア出しや、効果的な宣伝用キャッチコピー作成アプリとして、役立ちます。

こういう言葉遊びは好きです。ここから名コピーが産まれるか?というと、その確率は天文学的な低さになりそうですけど、頭の中の語感を刺激するというか、文章のリズムを揺さぶる感じとか有用な場面もあるのではないでしょうか?コピーライティングに行き詰まった時などに。

http://click.linksynergy.com/fs-bin/stat?id=2MIFDZF75S4&offerid=94348&type=3&subid=0&tmpid=2192&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fitunes.apple.com%252Fjp%252Fapp%252Fid335360815%253Fmt%253D8%2526uo%253D6%2526partnerId%253D30

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://www.famitsu.com/game/news/1231207_1124.html
プレイステーション3で地上デジタルテレビ放送を視聴・録画できる地上デジタルレコーダーキット“torne(トルネ)”を2010年3月に発売すると発表した。torneは、プレイステーション3専用地上デジタルチューナー(USBで接続)と専用のアプリケーションがセットになった商品。アプリケーションをインストールすることで、地上デジタル放送を視聴し、プレイステーション3のハードディスクに録画をすることができるようになる。家庭用ゲーム機による地上デジタル放送の視聴・録画は初の試みだ。

■快適操作
番組表の操作、検索、録画予約設定、録画した番組の再生など、すべてのメニューのユーザーインターフェースにおいてストレスのない操作感覚を実現。
■録画・再生機能
番組表で好きな番組を選択するだけでオッケーなのはもちろん、ジャンルやキーワードを入力するだけで瞬時に番組検索をしてそのまま録画をすることができる。またプレイステーション3がスタンバイ状態、もしくはクロスメディアバー上の機能を使用中でも予約設定した番組は自動的に録画される。さらにプレイステーション3本体内蔵のハードディスクだけではなく、USB接続した外付けハードディスクに直接番組を録画することも可能。
■PSP(プレイステーション・ポータブル)との連動
録画した番組をメモリースティック PRO デュオ、またはメモリースティック マイクロに書き出すことが可能だ。PSP用に最適化された美しい映像を、いつでもどこでも再生して楽しめるというわけ。またプレイステーション3のリモートプレイ機能を使用することで、家庭内であれば番組の視聴や録画予約、ビデオ再生などすべての機能をPSPで操作することができる。
■オンライン機能
番組を視聴しながら、気になった情報をインターネットで検索できる“見ながらネット”、また番組の視聴者数や録画予約数をオンラインで集計し、テレビ番組のトレンドをチェックできる“トルミル表示機能”を搭載している。

気になるtorneの価格は、プレイステーション3専用地上デジタルチューナー、アプリケーションなどがセットになって9980円[税込]を予定。さらに、torneの発売に合わせて新たに、250ギガバイトのハードディスクを搭載したプレイステーション3とtorneをセットにした“「プレイステーション3」地デジレコーダーパック”が数量限定で発売されることも発表。価格は42800円[税込]。

http://www.amazon.co.jp/dp/B002LZTX0U?tag=circuitsblojp-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=B002LZTX0U&adid=1NY95YSK39DPD6XK23EY&

ブルーレイも見れるし、これは良いかも。外付けUSBハードディスクをつなげられると言うのも良いよね。

セットはハードディスク増量だけど、現行の120Gにtorneを別個に買った方が安いんだよな。外付けHDも取り付けられるそうなんで、セットでなくてもまあ良いわな。

しかしGrandTurisomo5の発売日が伸びて未定になったし、特にPS3でやりたいゲームがあるわけでもないしなあ。それだったらソフトの豊富なPS2+安いHDレコーダーのが幸せになれそうな気もするし。

http://www.amazon.co.jp/dp/B000YGM96I?tag=circuitsblojp-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=B000YGM96I&adid=0579HVEEMS78A9DPD45J&

Black design http://www.blackdesign.jp/ http://www.blackdesign.jp/blog/

洗面所の電球が切れたので、新しいものを買いに行く。

普通の白熱電球は250円程度。まあこれでも良いのだけれど、徐々に普及してきたLED電球を試しに買ってみることにした。2500円と10倍もしますが。

寿命は長く10年間。所為費電力は1/10。凄く長い目で見ると割安なのかもしれないけど、初期投資が10倍ですからねえ。でも電球選択のノウハウを得るために奮発。

通常の電球よりは長いです。ハウジングへの干渉にも注意が必要ですね。
また、長さの分だけ光る位置も下に下がってきます。通常の電球は全方向に光を出しますが、LEDは下向けの光のみ(全方向を照らすタイプもあるかもしれませんが)。なのでなんとなく光の質が変わった感じがします。また、白熱灯よりも明るさは劣りますね。

電球は消耗品なので、徐々にLEDの使用も増えて行くでしょう。そうすればもう少し値段が下がることも期待できるのではないでしょうか。また、全ての用途に向いているわけでもありません。これからしばらくは用途に応じての選択が重要になるとも思います。できればLED電球に最適化された照明器具に変えてしまった方が良い所も少なくないとも思います。

でも、まだ使える電球を捨ててまで変えるほどのものではないと思いますね。目先の消費電力だけにとらわれず、買い替えの際に必要か否か選択して行く、というのが結局もっともエコなことなんじゃないかと思います。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100114/biz1001140912002-n1.htm
モリサワ(大阪市浪速区)は高性能携帯端末「スマートフォン」向けの書籍リーダーソフトを今春、発売する方針を明らかにした。購読用の専用端末なしに書籍データを高機能の携帯電話で読むことができる。
モリサワが今回、発売する書籍リーダーソフトは、携帯電話用に開発。出版社などが紙に印刷するために作成した書籍データを電子書籍用のデジタルデータに変換し、携帯電話に表示する。このソフトを使って、出版社や印刷会社などが電子書籍コンテンツを制作。米アップル社のiPhone(アイフォーン)などの高機能の携帯電話を通して読者に提供することで、出版社やモリサワに販売価格の数%の購読料が入る仕組みを構築する。
リーダーソフトには同社の出版向け組み版技術を生かした編集ツールを搭載。読者が携帯端末から文字の縦組みと横組みや大きさ、背景色を選択できるように工夫しており、読みやすさも追求している。
 同社の森澤彰彦社長は「日本では携帯電話からのデジタルコンテンツ利用者が多く、スマートフォン向けの書籍リーダーが普及する可能性が高いと考えている」と期待している。

80年代末から様々な電子ブックのフォーマットが産まれ、そして廃れて行った。例えば辞書とかは電子化が有効で電子辞書などは便利なんだけど、やはり書籍は印刷され装丁されたもので読むべきものという考えの人が多いのだろう。
それでも、iPodTouchなどの飛躍的な普及により、情勢は若干変わってきたのかも。産經新聞の紙面が毎日配信されるアプリは非常に便利だし、著作権の切れた書籍データベース青空文庫のリーダーアプリも複数存在する。

とはいえ、新聞を斜め読みする程度ならiPodTouchの狭い画面でも耐えられるけど、長編小説な写真の多い雑誌を読むのはどうなんだろうね。モリサワの美しいフォントや組版技術が活かせるような解像度でもないし。近々発売が予定されてるアップルのタブレットPCとかならまだしも。

でも、将来にわたって紙に印刷された書籍が優位になるのかはわからないね。音楽ソフトをレコード屋で買うのではなくiTunesStoreでオンラインで買う時代が来るなど思ってなかったし。

それでもしばらくは電子ブックの時代は来ないと思いたい。なんてゆうか本屋でぱらぱらページをめくって買うかどうか迷うとか、そういう所から読書は始まっているような気もするし。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://image.blog.livedoor.jp/blackdesign_2004/imgs/7/e/7ec67e7e.jpg

平成37年に東京~名古屋間で開業予定のリニア中央新幹線について、神奈川県相模原市付近から山梨県笛吹(ふえふき)市付近にかけての約60キロの区間を、5年程度前倒しして32年ごろに開業させる方針を固めた。同社はこれまで東京~大阪間の全線開通を57年としてきたが、一部区間の開業前倒しで、名古屋以西区間の建設資金を早めに確保し、早期の全線開通を目指す。
JR東海は現在、山梨県内でリニア実験線の延伸工事を実施中。25年度末には現在の18.4キロから42・8キロに伸びる。リニア中央新幹線はルート選定をめぐって、東京~名古屋間をほぼ一直線で計画するJR東海と、諏訪地方への迂回(うかい)を求める長野県との間で協議が難航。先に実験線を東に延伸させ、早ければ26年度にも建設を始め、32年度をめどに開業にこぎつけたい意向だ。

相模原から甲府ですか、超高速列車が必要な距離でもないし需要も皆無に近い(これが品川から甲府だったら若干の需要はあるかもしれないが)。これはJR東海による、予定通りに正しいルートで開業させるという強い意思表示ですよね。長野県の我田引鉄に左右されず、日本の大動脈を極力最短距離で結ぶという。
それと部分開業で膨大な赤字を出しても、営業運転でのノウハウを得るという目的もあるのでしょう。まあ全開の加速とフルブレーキになりそうですけど。

それとですね、鉄ちゃん文化の発達した日本においては、移動のための乗車ではなく乗ることが目的とする層もたくさんいますからねえ。一番列車の乗車券は瞬殺されるでしょうし。私も乗ってみたいですもん。甲府そばを食いにリニアで往復、なんとも無駄で贅沢な使われ方。観光路線に近いかもしれませんが、部分開業でもそれなりに賑わいそうです。

長年の研究で技術的には既に実用段階にあるJRマグレブ、それでも遠い未来の開業と言うことでリアリティは感じられなかったけど、平成32年はあと10年ですからねえ。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://image.blog.livedoor.jp/blackdesign_2004/imgs/2/5/25a88e62.jpg

スウェーデン・ユッカスヤルビ村の「ICE HOTEL」。
今シーズンは、2007年12月7日から営業を開始。2008年4月30日までサービスを提供する。

http://www.icehotel.com/

1年の大半が冬という苛酷なスウェーデン北部のラップランドに出現する、雪と氷だけの地球上最も美しい建造物「アイス・ホテル」
毎年新しいホテルが氷で作られ、冬の間だけ客を迎え、春にはきれいに解けて無くなってしまうという幻想的な存在。

同等の考え方で作られた氷のホテルが日本にも。

北海道で「氷のホテル」

http://www.snowtomamu.jp/

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100107-OYT1T01134.htm

直径約10メートルのドーム形で、インテリアやテーブル、ベッドなどすべて氷。氷のベッドで、寝袋に入って夜を過ごす。客室は三つあり、氷の露天風呂も用意されている。営業は2月15日まで。

世界に広まる「氷のホテル」

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/world/071003_icehotel/index.html

一泊のお値段はなかなかのものです。まあ結構な労力で作られた上に、冬の間しか使用できないわけですからしょうがないのでしょう。特別な一夜を過ごすと言う意味では本当に非日常のホテルとなりますし。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://image.blog.livedoor.jp/blackdesign_2004/imgs/1/1/1168dc2b.png

http://www.fubiz.net/2010/01/07/sony-bravia-nx-series/
シンプルで美しく、しかも安定感のあるプロダクトデザイン。
今までに見たことのないのに、昔から存在するように感じてしまう
ソニーらしいデザインです。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/