Skip navigation

http://image.blog.livedoor.jp/blackdesign_2004/imgs/2/c/2c9197c5.jpg

http://www.asahi.com/national/update/0126/NGY201001260007.html
国産の輸送機としては35年ぶりに開発が進められている航空自衛隊の次期輸送機 (CX)の試作1号機が26日、岐阜県各務原市の空自岐阜基地で初飛行した。 機体の不具合の発覚で開発が2年余り遅れていただけに、防衛省は「意義深い」と 話した。
今後、試験飛行を重ね、年度内にも防衛省に納入される見通しという。

初飛行なので車輪は出したままの飛行です。印象としては、双発のエンジンが非常に巨大ですね。
航続距離: 0t/10,000km 12t/8,900km 30t/6500km 37t/5600km

エンジンはロールス・ロイス社製ですけど機体は国産。これだけ大きな機体を作り上げたというのは感慨深いですねえ。信頼性と性能が確認されれば、兵器ではないので輸出への夢も広がるかもしれません。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。