Skip navigation

ニューヨークの宿泊はウオルコットホテル。歴史を感じさせるというか、なかなか古めかしいというべきか。それでもホテルの方は気さくな対応で、間違ってバスルームのドアの鍵を閉めてしまった時もさくっと修理?してくれた。油断すると鍵が閉まったままの構造になってしまう鍵の構造もどうなの?と思ったし、我々のようなポカをする宿泊客も多いだろうに、ドアノブを新しくした方がトータルコストでは安くなるだろうにと思ってみたり。

食事無しのツアーだったのだけど、ウオルコットは宿泊者向けに朝食のマフィンサービスをしてました。フルーツが入ったり、コーヒー味っぽかったりプレーンのもあり、6種類くらいありました。食べ放題でコーヒーと紅茶も用意されてます。(マフィンが残り少なくなると、メイド服のおばちゃんが補充してくれます)
甘いマフィンなので飽きるっちゃ飽きますけど、結局毎朝食べてましたね。とりあえず外に出て店を探して英語で注文しなくても朝飯にありつける、というのは心強かったです。さらには、一個もらってきて夕方の小腹の空いた時にも食べてました。

ホテルとしては今ひとつなんだけれども、マフィンがあるおかげで我々のホテルに対する印象は凄く良いものになりました。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。