Skip navigation

AA168 18:25東京(NRT)  18:15ニューヨーク(JFK)  12時間50分
夕方に出て、当日のほぼ同時刻に到着。13時間のフライトに飛行機は一昼夜を経験します。
AA167 11:30ニューヨーク(JFK)  14:40(翌日)東京(NRT)  14時間10分
ジェット気流の影響で、AA168よりは時間が掛かりますね、速度でいえば100km/hは落ちてました。航路もやや北極寄りを通る。飛行機的には12時間ほぼ同じ角度の太陽と並走します。

機材は経済性も優れており評価の高いB777-200ER。エコノミー席でも窮屈な感じは全然感じなくて快適なフライト。
成田出発は台風が近づき強風で2時間くらい遅れたんですけど、ジェット気流に巧く乗れたのかJFK到着は1時間くらいの遅れで到着になりました。
機内食、行きの便はどれも美味しく頂きました。夜食のハムチーズサンドイッチまで。しかし帰りの機内食はドレッシングからバターとかまで、あんまり美味しくない。。これは食材を準備し乗せる地に起因するものと判断。
のどが乾いた時にはギャレー横にミネラルウオーターやオレンジジュースが用意してあり、自由に飲んで状態。気楽な対応でありがたいです。
モニターは個別で映画やゲームなどを個別に楽しめる。ハリーポッターの6を見るが、時折機長のアナウンス等の時にAAロゴに自動的に変わってしまい、どんな映画だったのかよく分からないまま終了。だいたいGPSの現在地情報を表示してました。
搭乗員の方、みなさんフレンドリーな対応で我々の聞き取りにくいなんちゃってイングリッシュにも気さくに対応していただく。

総合的には高い評価をしたいフライトでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカン航空
これによりどんなに小さなことでもコストに響くことを再認識し、パイロットやアテンダントからのアドバイスはもちろん、グランドスタッフからメンテまで各部署からコストダウンへの案が出された。自社ブランドイメージとプライドを飲み込み、国内線エコノミークラスの機内食廃止、ファーストクラスで提供されるサラダのオリーブを1個減らす、機内で配られる新聞の撤去など、細かいサービスをカットした。
苦しい経営のなか2007年にテロ後初の業績利益を達成。テロに機体を使われた一被害者ながらも、破産することなく不死鳥の如く甦った航空会社としてさまざまな経済誌から好評価を与えられた。

苦境を経験されたからなのか、コストダウンとサービス意識を、高い次元で両立している印象です。新聞をもらう時に「皆でシェアしてね」と言われたけど、全然嫌な感じはしないかった。現在苦しんでいる某日系航空会社に視察に訪れて欲しいくらいのフライトでした。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。