Skip navigation

マイケル・ジャクソンの映画「THIS IS IT」をニューヨークの映画館で見てきた。日本でも見れるけど、海外の映画館に行った事もなかったので。
現代のコンサートは歌とダンスに照明や舞台のコントロール、特殊効果などの様々な要素がタイミングをリンクして動いて行く。クリックと呼ばれるガイド信号が使われる事が多いらしいが(歌手や演奏者には耳につけたイヤホン状の物から、メトロノームのようにタイミングが聞こえる)マイケルのステーイはそんな物じゃなかった。
キーボーディストもドラマーも、楽器は全く見ずにマイケルだけ見ている。マイケルの動きとキューに応じて演奏し、それでステージが作られて行く。恐らく照明も各種効果も。高度に情報化された舞台だと思っていたのに、全てがマイケル一人の肩に掛かっていたのだ。
そして何ヶ月も続くリハーサル。歌も演奏もダンスもマイケルの要望に合わせて動いて行く。それぞれのスペシャリストが担当していると思っていたのに。50歳を超えてこれほどまでパワフルに動けるとは。
THIS IS IT、どんなステージになったんだろうな。見てみたかったな。でも、実現しなかったステージを「素晴らしいステージになったに違いない」と世界中のファンに思わせてしまう映画だと思う。

ついでにニューヨークの映画館について。チケット売りの店員は同僚と延々大声で喋ってる合間にチケット販売。店員さんの無愛想ぶりは街全体に共通している。お約束のポップコーンの甘ったるい匂いが立ちこめる館内。上映中のアメリカの観客の反応は、大声で笑ったりスクリーンに向かって拍手したり(これは映画による特性かもしれないが)特にマダムの方々には股間に手をやるダンスがお気に入りらしく、ホームドラマの後ろに流れるあの笑い声が。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。