ナビゲーションをスキップ

Monthly Archives: 10月 2009

http://getnews.jp/archives/33212
10月7日からスタートした、オンラインブックショップ『コルシカ』は、購入した雑誌すべてをオンラインのブラウザで読むことができるサービス。つまり、実物を手にしなくてもインターネット経由で雑誌を読むことができるわけだ。雑誌はスキャンされた画像として購入リストに保存され、いつでもどこでもインターネットが接続されているパソコンであれば閲覧することができる。希望者には、送料さえ支払えば実物の雑誌を配送することも可能である。
現物を売らなくてもインターネットで雑誌を読むことができる。しかも雑誌と同じ価格で販売している。そういう点からしても、さまざまな法的な部分に触れる可能性があるこのサービス。そんな微妙な立ち位置のままスタートした『コルシカ』だが、さっそくトラブルが発生したようだ。サービススタート時には多くあった販売リストの雑誌だが、一部の雑誌、いや、けっこう多くの雑誌が販売リストから消滅しているのである。
また、削除された雑誌を購入した人たちには「閲覧中止のお知らせ」がメールで通知され、返金すると連絡されているという。
「インターネットのブラウザ上で見られるから購入した」という人は多いと思われる。それを考えると、単に雑誌を購入するためだけに『コルシカ』を利用するメリットはなく、かなり多くの人たちがキャンセル手続きをしたのではないだろうか。また、多くの雑誌が『コルシカ』サイトから消えた理由は、出版社や協会からクレームがあったのが理由と思われる。利用者にとっては便利なサービスではあるが、出版社はそう思っていないようだ。

http://www.enigmo.co.jp/company/info.html
会社概要を見ると、蒼々たる企業が主要株主となっており、また会社形式もしっかりしているように見える。それなのに、黒に極めて近いグレーのビジネスを始めようとしたのか、さっぱり理解できない。誰か止めようとする者はいなかったのだろうか?

現物の雑誌を購入した人が、パスワードかなにかを駆使してネット上でいつでも読めると言うのは良いサービスだと思う。家に置いてある雑誌をiPodTouchやモバイルを使っていつでも読めると言うのは魅力的だ。本棚の収容には限界はあるが、ストレージにいくらでも詰め込める。しかしそれをやるべきは出版社さんであって、第三者がやることではないだろう。

特に最近のネット系の企業に多いけど、利益のためならグレーゾーンにもズカズカ足を踏み入れる事を辞さない、という理念が見え隠れして辟易する事が多い。もちろん企業である以上、利益の確保は大切な事だが、消費者の利益を大きく損なうものですら平気で行うものも見受ける事が多い。
某ショッピングモールRはあまり好きではないのだけれど、気に入った商品がネット上ではRでしか売ってなくて止む無くRで買う事とかがある。なんてゆうか先行者絶対有利で好き勝手な商売ができる仕組み、それを淘汰できない状況と言う現状があるような気がする。(話が飛びすぎましたが)

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://image.blog.livedoor.jp/blackdesign_2004/imgs/c/d/cd8c9f1a.jpghttp://bizmakoto.jp/makoto/articles/0910/08/news103.html
リーマン・ショック以降、企業業績は急速に悪化したが、中でも大きな影響を受けたのが広告業界だ。日経広告研究所が発表した『有力企業の広告宣伝2009年版』によると、2008年度の有力企業4444社の広告宣伝費総額は前年度比7.33%減の3兆608億円。連結ベースで見ると、同6.02%減の5兆9245億円となり5年ぶりの減少に転じた。
 依然として厳しい経営環境が続いているが、広告業界はどのような状況に置かれているのだろうか。帝国データバンクの調査によると、2009年上期(1月~9月)の広告業者の倒産は前年同期比40.6%増の201件に達していることが分かった。負債額別に見ると、「1億円未満」が142件(70.6%)で最も多く、業種別では「広告代理業」が93件(46.3%)でトップ。帝国データバンクによると「広告関連業者の倒産は増加基調が続いており、今年9月までの倒産件数は、2001年以降過去最悪のペースで推移している」という。

確かに景気の良い話はとんと聞かなくなりましたねえ。物が売れなければ広告費も低く抑えられるだろうし。
でも捨てる神があれば拾う神もあり。ピンチの場面にはチャンスも転がっているはず。適正な価格で効果的なクリエイティブを提供する事が今まで以上に求められて行くのでしょうし、それも望むところです。
そもそも仲介業である広告代理店が儲けすぎていたと言う見方も出来るしね。極寒の冬に凍えて不平を言うのではなく、この季節だからこそ楽しめる手段を構築して行きたいですね。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://image.blog.livedoor.jp/blackdesign_2004/imgs/e/8/e8c08bd7.jpg

前から気になってたiPod Touchを購入。

目眩がするほど素晴らしい。もっと早く買っておけば良かったと後悔するくらい。
パソコンでやってた事の中で、ネットに関する事のほとんどをこなせてしまうような印象。
Appも大量に用意されており、とりあえず無料のアプリだけでも相当数が用紙されている。

・産經新聞(無料)
http://www.sankei.co.jp/iphone/
毎日午前5時に最新紙面が「配達」マンガからテレビ欄まで全てのページを!
広告スペースは契約によるものなのか、見れないものも多々あるのが残念。

・GnReader(無料)
Google ニュース 日本語版の専用ビュワー iPhone アプリケーション
記事一覧に取得した記事は過去記事保存時間で設定した時間保存されるので、
そのままオフラインでも読む事が出来ます。
http://iphonewalker.net/2009/03/5031.html
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=306520534&mt=8

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=AS%20%20%20%20%20%200%2029092009
NTTは家庭向け光通信回線サービス「フレッツ光」で、最大通信速度が従来の2倍の毎秒200メガ(メガは100万)ビットの新サービスを始める。パソコンに加え、テレビやゲーム機など複数の機器を同時にインターネットにつないで利用するなど新たな用途が広がってきたことに対応。通信速度を高めて利用者の利便性を上げる。
 新サービスは10月1日にまず都内で加入受け付けを始め、11月下旬までにNTT東日本の営業エリア全域(新潟・長野・山梨・神奈川県以東の17都道県)に拡大。NTT西日本の営業エリアでは年明け以降に順次新サービスを展開する。全国規模で200メガビットの高速通信サービスを提供するのは世界初という。

値段据え置きで倍の速度になるよりも、現状の速度で半額にしてくれた方が嬉しいですけどね。でも速くなるのは有り難いです。200Mってのはベストエフォートでしょうけど、ちょっとづつでも進化してるんだなあという印象です。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/