Skip navigation

5b526358.jpghttp://www.as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=21376
29日、7度のF1ワールドチャンピオン、ミハエル・シューマッハーがF1ハンガリーGPで負傷したフェリペ・マッサの代役として、バレンシアでのヨーロッパGPに出場することが正式に発表された。
 2006年限りでF1を引退したシューマッハーは、フェラーリのアドバイザーとしてこれまでグランプリの現場に携わってきたが、マッサのアクシデントにより空いたフェラーリのシートに収まり、カーナンバー3のマシンを駆ることになる。フェラーリの発表によれば、シューマッハーはすでに、1レースを戦えるだけの体力を回復するためのトレーニングを積んでいるという。
「まず、最も大事なことは神に感謝することだ。フェリペに関するすべてのニュースがポジティブなもので、私は彼が再び全開することを願ってやまないんだ」とシューマッハー。
「今日の午後、ステファノ・ドメニカリとルカ・ディ・モンテゼモロとともにミーティングをして、フェリペの代役を務めるための準備を始めることにしたんだ。実際のところF1における私の“チャプター”は閉じているけれど、この不運な状況を見逃せないのも事実だ。自分の“コンペティター”の一面としては、この挑戦をすごく楽しみにしているよ」
 シューマッハーは今季のマシン、F60をドライブしたことはない上に、KERS搭載マシンのテストもしたことがない。また、シューマッハーが最後にF1をドライブしたのは2008年のテストにおいて、F2008をテストしたのが最後だ。シューマッハーはこの時、スリックタイヤ装着マシンをドライブしている。

顎空気嫁ktkr!!!!!
太っただの丸くなっただのストレス解消にバイクレースばっか出てるミハエルが現代F1に堂々と正当化された状態で復帰ですか!これは面白い。
状況的にはケガから復帰戦で、すべてのドライバーをフルボッコにして、選手権を闘うアーバイン(六本木)を勝たせたレースを思い出しますねえ。しかしKERSに中段を走るフェラーリ、それを駆ってどこまでいけますやら。こうなってくるとバレンシアではアロンソ欠場というのも残念ですねえ。

しかしこのような「ありえないラインナップ」というのは萌えますなあ、バレンシアに行きたくなっちゃったもん。売れ行き不振といわれてますけど、サーキットも逆の意味で一安心かも。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。