Skip navigation

Monthly Archives: 6月 2009

ちょっと前から始めていたtwitter。
blackdesign twitter
http://twitter.com/blackdesign

ちょっと気になった事で、ブログに書くまでもないようなことを書くには
140文字制限というのはちょうど良いかも。

WordPressに書いたブログをtwitterに自動書き込みとか
メールで書き込みとか、色んなプラグインも出てきてますし。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

広告

iPhone 3G Sでは、さまざまな機能が高速化されたのが最大の特徴だ。メールの起動が約2.1倍、SimCityの起動が約2.4倍速くなるほか、メールに添付されたExcelファイルを開く速度は約3.6倍、そしてNew York Timesのアプリを開く速度は2.9倍速いという。JavaScriptベンチマークテストの結果は、iPhone 3G(OS 2.2.1)が126秒だったのに対し、iPhone 3G(OS 3.0)では43秒、さらにiPhone 3GS(OS 3.0)では15秒と、劇的に速くなっている。また、新たにOpenGL ES 2.0もサポートした。下り最大7.2MbpsのHSDPAにも対応する。
 カメラ機能は300万画素に強化され、オートフォーカスもサポート。音声認識機能も搭載した。電子コンパスを採用し、端末の向きを寄り高精度に検出可能になったのも進化ポイントだ。聴覚障害者や視覚障害者向けの補助機能として、Mac OS XやiPod shuffleに搭載されている音声インタフェース「VoiceOver」も搭載。画面の文字を読み上げてくれる。ビジネスユースに対応するべく、データの暗号化、遠隔消去、暗号化したiTunesのバックアップ機能などもサポートした。「Nike+」にも対応する。

携帯のマニュアルを読むのが大嫌いなので、同じ会社の携帯ならある程度同一の操作方法であろうと考え、某Nから某Nの機種に買い替えた時に操作の統一性が殆ど無くて怒りが込み上げてきたことがあります。消費者の目を向かせるためだけの機能が多すぎて結果として使いにくい新機種を生み出し続けるというやり方に対して、ひとつの端末をアップデートして行く、というiPhoneには頼もしさを感じますね、黒電話のような。これでソフトバンク以外で出してくれてたらなあ。
ドコモでもまもなくgoogleフォンも出てくるので、こちらも興味あります。しかしワイヤレスだけのために毎月+4,000円も払うのもなあ、という気持ちもありますねえ。そう考えるとiPodTouchも悪くないかなあというきもします。Appの制作もこれから有望そうだし。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://www.skyperfectv.co.jp/service/DAI-KAIHOU-DAY/
マンション全体がケーブルテレビに加入している関係で、毎月第一日曜日のスカパー無料デーは無料でCSを見ることが可能で、様々な放送を楽しませていただく。
本日はインディのテキサス戦、イタリアの自転車ロードレース、フォーミュラニッポン、F1トルコグランプリ(生)などが放送。ありがたいことです。

http://www.skyperfectv.co.jp/oshirase/20090606_oshirase001.html
「2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ」
スカパー!で全64試合
無料※ハイビジョン生中継決定!
〜2010 FIFAワールドカップ抽選会のほか、関連番組も多数放送!〜

日本戦は地上波でもやるだろうが、マイナーな試合も全試合無料放送というのはありがたいなあ。
昨晩、とっととワールドカップ出場を決めてくれた日本代表。比較的順調に進めたので自分にとって感慨は薄いような気もしたが、大変なことなのだという気持ちがじわじわ湧いてきた。地区による差はあれども、世界のベスト32ですもんね。行けて当たり前の大会では決してない。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

cc72f450.jpeg折り畳むと二つの車輪が見事に重なる自転車。各パーツもするすると内部に吸い込まれて行くような感覚で見事です。
折り畳み自転車を一時期所有してたことがあるけど、普通に面倒で一度も折り畳むことはなかったなあ。これくらい簡単なら使い勝手は良さそうだ。

http://www.wired.com/gadgetlab/2009/05/ingenious-folding-bike-from-strida-designer/

しかしお値段は$2,250。。
http://www.areaware.com/proddetail.asp?prod=CYIM&CatID+&subCatID+4

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

知り合いに「女ヶ沢」(メガさわ)という人がいる。
その上を行く「ギガ沢」なんていないだろうか、いるわけないじゃん、
なんて冗談を言い合っていた相手が、寺沢くんだった

てなわけでハードディスクを追加購入。マカーの聖地である秋葉館にて。


1.5TB/eSATA/FireWire/USB2.0で23,490円。外付けハードディスクは色々試したけど、秋葉館のオリジナルが一番安定してる気がする。

しかしいつのまにかテラバイトですか。最初のマックが8M/80Mとかでしたからねえ、桁が何桁違うのかすらもはやわからんです。莫大なデータが入ってしまうのでバックアップも重要となり、その結果毎年一台は買い足し続けてるような気がします。もちろん旧機種も旧々機種もタイムマシンバックアップ用や手動バックアップなので活用します。

データを「10億年」保持可能:カーボン・ナノチューブ利用
http://wiredvision.jp/news/200906/2009060323.html
10億年後にこの星がどうなってるかは分かりませんが、こうしてマクロな時間で考えてみると街道脇の石碑とかに書かれた文字の強さを感じます。そのままで読めて、万が一破壊されたとしても組み合わせれば復元できたりもするし。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://ranking.goo.ne.jp/ranking/014/otona_word/
1位・スキーム、 2位・イニシアチブをとる、 3位・マター、 4位・架電の件、 4位・バーター、
6位・ポテンシャル、 7位・NR、 8位・ガラガラポン、 8位・ASAP、 10位・ペンディング、
11位・ドラスティック、 11位・カウンターパート、 11位・サマる、 11位・リスケ、
15位・アサインする、 15位・マンパ、 17位・コミット、 17位・デフォルト、
17位・たたき台、 20位・ルーティン、 20位・アグリー、 22位・ボトルネック
23位・バッファ、 23位・ジャストアイデア、 25位・キャパ、 25位・ペイする、
25位・オンスケ、 28位・ニアリーイコール、 28位・ごとうび、 30位・アクションアイテム

架電とは「電話をかけること」だそうな。
広告業界にもよく使われてた変な言い回しが色々ありました。

ゼロックス:コピーのこと。
コピーライターとかのコピーとダブルので、コピー機メーカーの名をつけたのだと思われる。コニカミノルタを担当してる営業さんは「これコニカミノルタ10部取っといて!」と言うべきかも。

トーン&マナー
これは最初全く意味がわからなかった。会議の席とかでやたら使われてた時期があったので、前後の文脈から徐々に意味は分かってきた。それでも正確な意味は言語化しずらい。辞書には【表現の核となるコンセプトをきちんと立案し、これに基づいて一貫した表現を展開することを差す】とか記載されてるが、正しいような全然違うような。

アプルーバル approval
外資系の代理店でよく使われてた。「本国のアプルーバルが取れたら、とっとと進めましょう」などと使われる。許可という単語よりも長いワードが、なぜ日本語に織り込まれて使われているのか謎でした。

なんといいますか、ビジネスとか打ち合わせの場では完全な意思疎通だけしてれば良いというものでもなく、痛い所を突っ込まれたらはぐらかす表現とか、まだ未決の部分をとりあえず後回しにする言い回しとか、日本人的な阿吽の呼吸と言うか、齟齬が発生してもなんとなく進んで行く部分もあるような気がします。耳慣れない英単語を会話に混ぜ込むというのは有効であるのかもしれません。猫だまし的に。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

スピリッツに連載されてた冬目景の「ももんち」が単行本になってた。てゆかいつのまにか完結してた。冬目姉御の完結した作品を読むのはいつ以来か思い出してみたら「羊のうた」以来だわ。

普通の大きさのコミックなので500円前後だろうと勝手に思ってレジに持って行くと、なんと780円(本体743円)もする。その理由は各話の冒頭部分がカラー化されているからのようだが、モノクロ原稿に色指定での着色のようで、なんともレトロな味わい。そのあたりのこだわりは巻末のあとがきで明かされる。

冬目先生もいわゆるスターシステムを導入しており、「イエスタディをうたって」の高校生カップルの浪人時代も描かれる。岡本家の母上は「幻影博覧会」の竹下かも。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/