Skip navigation

スピリッツに連載されてた冬目景の「ももんち」が単行本になってた。てゆかいつのまにか完結してた。冬目姉御の完結した作品を読むのはいつ以来か思い出してみたら「羊のうた」以来だわ。

普通の大きさのコミックなので500円前後だろうと勝手に思ってレジに持って行くと、なんと780円(本体743円)もする。その理由は各話の冒頭部分がカラー化されているからのようだが、モノクロ原稿に色指定での着色のようで、なんともレトロな味わい。そのあたりのこだわりは巻末のあとがきで明かされる。

冬目先生もいわゆるスターシステムを導入しており、「イエスタディをうたって」の高校生カップルの浪人時代も描かれる。岡本家の母上は「幻影博覧会」の竹下かも。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。