Skip navigation

Monthly Archives: 6月 2009

d5623c35.jpghttp://www.47news.jp/CN/200906/CN2009062301000086.html
米写真用品大手イーストマン・コダックは22日、長年にわたって写真愛好家に親しまれたポジフィルム「コダクローム」の生産を終了すると発表した。
 1935年に発売、耐変色性などに優れることから芸術性の高い作品向けにプロカメラマンが愛用。カラーフィルムとして世界で初めて商業的に成功した。また主にスライド用途で一般家庭向けにも日本を含む世界で人気となった。
 最近はデジタルカメラの普及に押されフィルム全体の販売が急減。フィルム全体の売上高の中でコダクロームは1%にも満たず低迷していた。現像方法が特殊で、コストがかさんだ。
 現像方法が異なるポジフィルム「エリートクローム」シリーズの取り扱いは継続する。
 コダックは日本でのコダクロームの販売を2007年に終了。ネガフィルムやレンズ付きフィルムは販売を続けている。

コダクローム64(KR/PKR)には大学時代にお世話になりました。濃厚な色合いは本当に濃厚で、外式独特の色合いでしたねえ。日本の風景で言うと紅葉とかにマッチしてました。富士フィルムはベルビアなどの高彩度色調を基本としており、まさに東西の雄といった感じであり、時代でした。
もちろん消え去る事に対しては色んな思いがありますけど、フィルムからデジタルへの移行への最前線にいる世代としては、何か言う事は憚られますねえ。それが正しいのかどうかはともかく。ただ偉大なフィルムであった事だけは伝えたいと思います。

話は変わって1924年、エベレストへの初登頂を目指したジョージ・マロリーとアンドリュー・アーヴィンは遭難し、最高峰の初登頂者が誰であったのかは登山界最大のミステリーとして残された。
彼は登頂時に必ず写真を撮っている事から、このマロリーフィルムが見つかれば「彼は果たしてエベレストに登頂したのか?」の謎が解けることになる。
マロリーの遺体は後に発見され、荼毘に付されたが、コダックのカメラ(Vest Pocket Model B)は結局見つからなかった。
コダックの専門家は、カメラがフィルム入りで発見されれば、そのフィルムが白黒であり、急速冷凍されていることから、それを修復して、現像できる可能性が高いと述べている。

白黒フィルムであれば、仮に今後100年200年以後にマロリーフィルムが発見されたとしても現像は可能かもしれない。工業的にあまり作られていない薬品が必要になってもなんとか再生産できるはず。
それはそれとして、もの凄い勢いで進化して行く中では、ロストテクノロジーは簡単に起こりうるということのが重要。
あっとゆうまに消えたから需要はあんまり無いだろうけど、HD-DVDが再生可能なドライブは数年で消え去るかもしれない。そういう意味ではCDって同径で上位互換でDVDが出てきて殆どのパソコンに搭載されてて、今後もしばらくは生き残りそうなメディアだ。

写真だって二次元上の画素的な情報を記録する媒体があれば、それはなんでも良いのだろうけど、それがあっと言う間に変わってしまった、良いとか悪いとかでなく。未来永劫に残すような情報は決して多くはないだろうけど、それ以前に未来永劫残ると思うフォーマットは存在しないだろうな、という事実。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

c1b134c6.pnghttp://www.kok-design.jp/SHOP/DB-FM.html
果物そのままのかたちをした、ブロックメモです。
スライスされた果実のようなページをはがして、メモとして使います。
中心には、果実を木からもいだ名残のように、本物の枝がついています。
実際に果物を包む素材を使用したパッケージもユニークで、
誰かに見せたくなる、プレゼントしたくなる、ちょっと楽しいメモです。
別ページで、ケース販売もしております。
リンゴと洋ナシ、2種類のフルーツからお選びいただけます。

一目見た瞬間D-BROSっぽいなあと思ったが、果たしてそのとおりでした。
本当にみずみずしくて、薄くスライスしたような驚きがあって、現実の林檎よりもある意味デザイン的には優れているようにさえ思えてきます。
お値段はお値段ですけど、手作業に近い制作としか思えないし、へたは本当の木だし、やむを得ないお値段でしょうね。唯一無二のプロダクトでありますし。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

5cd4a572.jpghttp://lovelypackage.com/samurai-vodka/
ロシアに人は親日家も多く、日本の文化に神秘的な畏怖を感じてる人も多そうだけど、それが伝わってくるパッケージデザイン。竹をスパっと居合い切ったような緊張感。ロシア文化においてのウオッカという存在の精神性とのリンクすら感じられる。海外のデザインで日本語文字が使われる事は少なくないが、その引き加減が「わかってらっしゃる」感じが凄くする。重力を考えると逆にずれてると思うが、それもまた良い。
正直、これはなんとか一本手に入れたいなあ。どこで売ってるのかまだ見つからないけど。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/173307.html
【夕張】財政破綻(はたん)した夕張市を夫婦円満のマチとしてPRするキャラクター「夕張夫妻」が23日、世界三大広告賞の一つ、フランスのカンヌ国際広告祭のプロモーション部門で、最高賞のグランプリを獲得した。世界各国の応募作1118点の中から選ばれた快挙で、関係者は喜びに沸いている。
 「夕張夫妻」は、同市が抱える「負債」と、離婚率が全国でも最低水準とされる同市にちなんだキャラクター。2007年に広告会社ビーコンコミュニケーションズ(東京)のクリエーティブディレクター三寺(みつでら)雅人さん(33)が制作した。
 夕張メロンを模した髪形が特徴のデザインで、キャッチフレーズは「金はないけど愛はある」。同市や夕張リゾートなどが協力し、夫婦円満の証明書を発行する架空の「夫婦円満課」を市役所やホテルに設置、土産品の包装紙にも使っている。
 同広告祭は、ともに米国の「ワンショー」「クリオ賞」と並ぶ世界的な広告賞で、各国の有名企業などのテレビCMや印刷広告を審査。プロモーション部門は、優れた新しい広告手法が評価対象だ。夕張夫妻はPR部門でも準グランプリの金賞を受賞した。
 三寺さんは「夕張夫妻を世界にアピールしたいと応募したが、最高賞にとても驚いた。地域を巻き込んだ広告手法が評価されたようだ。日本語の壁を越えてPRする方法が認められて、うれしい」と話している。

日本語のダジャレ的な表現を英語文化圏の審査員がどのように見たのかが興味深いが、
http://work.canneslions.com/promo/
公式サイトのプレゼンボードによると、
“Fusai” means both “debt(負債)” and “spouse” in Japanese
と直訳プレゼンですね。
広告手法もさることながら、不景気な時代の気分の反映と、それを地方自治体が自虐的な表現をしたことが評価されたのかな。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

f8799171.pngリニア1県1駅表明 JR東海社長、各県と設置場所協議
http://www.chunichi.co.jp/article/economics/news/CK2009060902000146.html?ref=related
構内長さ1キロ、線路4本 リニア中間駅の基本構造が判明
http://www.chunichi.co.jp/article/economics/news/CK2009061202000163.html

私が生きてる間に出来上がるようなものとは思ってませんでしたが、中央リニア新幹線は首都圏-中京圏間は2025年が開業目標だそうで。16年後か〜、近くはない未来だけど健康にしてたら普通に生きててもおかしくはない未来。

首都圏/中京圏間を約40分、近畿圏まで開業した場合は首都圏/近畿圏間を約1時間で結ぶ。羽田と関西を結ぶ航空路はなくなりそうですな。

ルートは色々と揉めてるようだけど(特に長野)現時点での想定ルートは、JR東海の新拠点でもある品川–橋本/相模原–身延線交点–伊那地区–多治見/中津川付近–名古屋、あたりではないかとのことです。

Googleマップ上で線を引っ張ってみると、我らが五反田の近くを通るようで。都心部は大深度地下と言えども直線的なルートをとれるかどうかは分からないけど。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20090526-OYT1T00062.htm
列車の旅で九十九里浜のサイクリングを楽しんでもらおうと、JR東日本千葉支社は、自転車をそのまま持ち込んで乗車できる「サイクリング専用列車」を7月4日に運行する。
 専用列車は、往路が午前7時56分に両国駅(東京都)を出発。大原駅(千葉県いすみ市)に到着後、自転車専用道(一部は一般道)約50キロを北上してサイクリングし、海岸線の景色を楽しんでもらう。復路は成東駅(同県山武市)を午後5時にたち、両国駅に戻る。自転車は通常、手回り品として分解してバッグなどに入れて運ぶ必要があるが、専用列車は手すりに固定具を付け、そのまま持ち込めるようにした。
 発売は6月1日から。募集100人。料金は、運賃にペットボトルケース、傷害保険などが付いて4800円。びゅう予約センター千葉(043・221・8605)か同支社ホームページで申し込む。

http://www.jrchiba.jp/view/index.html
これもとっとと満員御礼になっちゃったようですが。。天気がよければ気持ち良さそうですねえ。自転車で平坦な50kmは全然余裕だと思うのですが、両国駅までの往復20kmがありますんで、それなりに堪能できそう。
電車と自転車は相性が良さそうな組み合わせです。同じようなツアーが増えて欲しいですねえ。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course/247/
この夏、日本航空のジャンボ機の一機種から、機長・副操縦士に加え航空機関士(フライトエンジニア)と呼ばれるコックピットクルーを必要とする、いわゆる「3マンクルー機」が引退します。これは日本の定期航空会社から3マンクルー機がすべて姿を消す事を意味しており、わが国の航空近代化の歴史を語るうえで一つの節目になるものと言えましょう。
最後まで残ったこの3マンクルー機とは、ボーイング747通称ジャンボ機(-300型)。巷の航空ファンの間では「在来型ジャンボ」或いは「747クラシックジャンボ」などとも呼ばれている機体です。
※日本航空で保有しているジャンボ機は現在、2マンクルー機である(-400型)が主体となっています。
そこで日本航空では、長年にわたり国内外の空で活躍してきたこの3マンクルー機、747クラシックジャンボの労をねぎらい引退の花道を飾る記念イベントツアーを企画しました。実施は7月4日(土)~5日(日)の1泊2日。747クラシックジャンボを1機チャーター、那覇空港から下地島の往復を飛んでみようというものです。下地島は例年ならば梅雨直後のタイミングと予想しておりますので、同地が一番の季節を迎える時候にあわせてのツアー実施です。
息を飲むような紺碧のコーラルブルーの風景を堪能しつつ、是非ご一緒に楽しみましょう。

既に完売らしいですけど、747にちなんで74,700円という値段は凄いですな、時期を選べばニューヨークのツアーに行ける値段。。
下地島空港は日本唯一の練習用の空港で、沖縄の美しい海に囲まれており、しかも滑走路端に近い位置まで行けるので航空マニアにとっては是非とも訪れたい聖地であります。ツアーは完売とはいえ、日程を合わせて適当な航空券で向かえばタッチアンドゴーは見る事が出来そうですけど、忙しくてたぶん行けないだろうなあ。

海外にはもっと強烈な空港もあります。ここも一度は行ってみたい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/プリンセス・ジュリアナ国際空港
セント・マーチン島唯一の国際空港であり、エメラルドブルーのカリブ海に面するマホ・ビーチの上空をボーイング747クラスの大型旅客機が20m~30m弱で通過して着陸する光景はセント・マーチン島の観光名所として大変有名である。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

5d94a4f6.jpg一定の時間ごとに移り変わる動画の種類が豊富で、ずっと見ていても飽きない、面白いシーンがたくさん収められています。カレンダーはブログパーツとして使用できるようになっており、自分の住む場所やサウンドを入力しオリジナルバージョンを作成することもできます。また現在は準備中ですが、スクリーンセーバーなどもダウンロードできるようになる様子。
http://www.uniqlo.com/calendar/
(音が出ます)

UNIQLOCKの次はカレンダーですか。逆ティルトにタイムラプスを合わせたような映像、日常を映し出してるだけなのに本当に愛おしい風景。
一目でわかる。撮る場所、微妙なアングル、写すべきもの、そしてタイミングと考え尽くして撮られた動画。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

7bff5844.jpeghttp://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20090609_10
月周回衛星「かぐや」は11日未明、月に衝突し、約1年10カ月の探査を終える。同プロジェクトは「衝突の直前までデータを追いたい」と夜通しで観測を続ける。
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)はかぐやを11日午前3時30分ごろ、月表側の東経80度、南緯63度付近に落下、衝突させる予定。衝突した際、燃料の爆発の光が望遠鏡などで見える可能性もあるという。
 かぐやはJAXAが2007年9月に打ち上げ、月の起源や進化の解明を進めた。国立天文台RISE月探査プロジェクトは、子衛星2基とレーザー高度計の研究、開発を担当した。同プロジェクトは、かぐや衝突後も29日まで子衛星「おうな」の観測を続け、月の重力データにかかわる太陽の放射圧などを調査する。

かぐやの科学的成果
http://www.jaxa.jp/article/special/kaguya/seika01_j.html

観測に適した低高度で周回を続けるには膨大な燃料が必要となり、打ち上げ費用と難易度が非常に上がってしまうので、期間限定の運命なのは月探査衛星の宿命のようなものということだそうです。かぐやという名前といい、役目を終えて月に帰る姿といい、日本人の琴線に触れる存在であったと思います。物語が永遠と語り継がれるように、その功績も永遠です。おつかれさまでした。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

346575b4.pnghttp://www.apple.com/jp/safari/
マックの標準ブラウザSafariがバージョンアップ。恐ろしく速い。もちろんデータ読み込み時間はブラウザに左右されないけど、データが届いてからの描画が一瞬で終わる印象です。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/