Skip navigation

02c253cd.jpghttp://response.jp/issue/2009/0507/article124209_1.html
3日に英国シルバーストーンで開催された「GT4欧州選手権2009」の第1-2戦で、「GTアカデミー」出身のルーカス・オルドネス選手が3位入賞という快挙を成し遂げた。
欧州日産とソニーコンピュータエンターテインメントヨーロッパは2008年、『プレイステーション3』の人気ゲーム、『グランツーリスモ5プロローグ』を使って、『GTアカデミー』という世界選手権を開催。欧州では10か国、2万5000人が参加。その後、全世界の最速記録保持者22名が集まり、8月末に最終選考会が実施された。
その結果、スペイン人学生のルーカス・オルドネス氏(23歳)とドイツ人のタクシードライバー、ラース・シュロマー氏(28歳)が優勝。2人には、本物のGT4マシン『350Z』(日本名:先代『フェアレディZ』)に乗り、日産プレイステーションチームからレースに参戦する権利が与えられた。
ルーカス氏は、グランツリーリスモ5の優勝者とはいえ、レース参加は初めて。そこで、日産は元F1のジョニー・ハーバート選手をはじめ、多くの有名ドライバーから指導が受けられる機会を設けた。

グランツーリスモが世界最高精度のドライビングシュミレータだということは間違いないけど、バーチャルの世界からリアルレーシングの世界へと(本人達の才能と努力もあるだろうが)つながることは凄いことだ。
F1ドライバーたちが、まだ走ったことの無いサーキットの練習にGTを使ってたということは数年前によく聞いたが(最近はテスト制限もあるので、もっと高精度なシュミレータを各チーム用意している)ゲームからレースへというのは甚大なギャップがあるはず。恐ろしいG、事故の恐怖、人間の操るライバルマシン。別物と言っていいと思うが、ここまで結果が出せるとは。
ゲームはドライバーセレクションの最終試験には使えないが、足切りくらいには使えることを証明したと言えるのかも。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。