Skip navigation

a696843b.jpg熱狂的アントラーズファンと飲んでるときに
「浦和レッズの大応援団を一度見てみたいものだ」とぽろっと言ってしまい、
はるばると連れてこられた鹿島スタジアム。
太平洋に浮かぶ船と白亜の鹿島灯台、遠くに見える鹿島臨海工業地帯と
風力発電所郡。はるばる遠くまで来たもんだ。
しかし応援団の比率は、鹿島6:浦和4くらいで拮抗してます。
試合は2:0でホームの鹿島勝利。
それほど多くないチャンスの中で、2タッチでゴールへ導く決定力。
さらに安定したディフェンスを見せつける。
とはいえ非常に集中したゲームで、ほんの僅かな運命のいたずらだけでも
試合展開はがらっと変わっていたと思えるほど。

応援合戦は浦和の一糸乱れぬ動きと声を堪能させていただく。
はるばる遠征しながらこのクオリティは素晴らしいなあ。
スタンド全体が一つの生き物のようです。
(もちろん鹿島の応援も極めてハイレベルなのだが)


バックスタンドのセンターライン付近のかなり上部で観戦させてただく。
階段を登るのはしんどいが、全体を感じられる視点。
右から鹿島への声援、左からは浦和の声援とサラウンドに聞こえてくる。
その他、鹿スタグルメのモツ煮込みなどを堪能。

帰り道ではラジオでWBC観戦。
負けてもなんとか二次リーグへと続くような試合をして欲しい!と
弱気な気持ちだったが、大勝させていただく。
勝って兜の緒を締めよでもないけど、
さらに気を引き締めて頑張ってほしい。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。