Skip navigation

http://creativity-online.com/?action=news:article&newsId=130889&sectionName=ad_critic_news
http://www.partizan.com/partizan/home/

最初にニュースを聞いた時には「そんなバカな、ありえない」と思ったし、今でも信じられない。
今でも誤報であって欲しいとさえ思ってる。

彼女の作品には、本人そのものの創造性が一貫して備わっており、
クレジットを読まなくても「野田さんの作品だ」とわかるほどだ。
その輝かしいクリエイティビティには羨望(というより嫉妬)の感情を隠せなかった。
まさかこんな若くして

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。