Skip navigation

624d7880.jpgスパで観戦してベルギーワッフル喰いてえ!

蜘蛛の子を散らすようなスタート直後の1コーナー。
レース全体的にランオフが広いおかげで命拾いするドライバー多し、
いやむしろマリオカートのごとく有効利用する連中も多し。

ケメルストリート中間でマッサをあっさり抜くライコネン、そして
ケメルストリート中間でハミチンをあっさり抜くライコネン。

ツルーリ、スピンから危険な戻り方。ペナルティ出してもよかったんじゃない?

コース脇の空き地でなにやら作業中?なのか;レースとは無関係っぽい車が作業中??

今宮さん、ハミチンのスピンに思わず「気をつけろぃ!!」

ラスト3周から降雨。熱いベルグーグランプリはまだ終わらない。
ハード+降雨+路面温度低下で果然勢いづくマクラーレン、
ラスト2週
ライコ抜かれるも抜き返すが雨によりスピン&クラッシュ
ファイナルラップ直前、ピットインしてタイヤを返るか否かの瀬戸際、
ハミルトンはいきなり楽になりそのままステイアウト。
(クラッシュしなかった場合の両陣営がどう動くかは興味深かったが)
もう神に祈るようなマクチームクルー、雨でふらふらの一週7kmを走りきり
価値ある一勝(審議中??シケイン縦断&先に行かせ&さらにオーバーテイクの件?)
3位のハイドフェルドとチームは一瞬の判断で表彰台ゲットの大金星!

チームからの評価が低すぎる事で、なんだかかわいそうないぶし銀ニック。
万一BMを離れても、上位もしくは中段チームに引き取られて欲しいです。

レースマネジメントの難しさ、
魔物の棲むスパの森の恐怖などを味わうレースだったぜ。

ライコネン、4番手から攻めるレースを展開。
ポイント差とかじゃなくて、勝たないとワールドチャンプには近づけない、と
思い出せたような走り。
天候の急変が無ければ勢いを取り戻すレースだっただけに残念だが、
闘志を前面に出す走りに感銘を受ける。
トップから23点差で残り五戦は厳しいけど、
来季につながる走りだったと思う。
ディフェンディングチャンピオンに胡座をかいて走れば良いドライバーではなく、
挑戦者として、もしくは悪条件で、もしくはトラブルにめげずに走って
勝つドライバーであって欲しい。

残り5戦でハミ-マッサが18点差、どうにかならない差でもないが
今回2ポイント離されたのは大きいな。
フェラーリ唯一の救いは、昨年の例で
終盤戦のコースをルイスが苦手意識をもってるかもということかな。

現在選手権の3番手クビサ、5番手ハイドフェルド。このあたりのBM勢の動きも面白そう。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://blog.blackdesign.jp/
http://design-link.jpn.org/

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。