Skip navigation

97bef49a.jpghttp://wiredvision.jp/news/200808/2008082718.html
『Ad Lab』の記事によると、ロシアの風船メーカーRusbal社は、ロシア国防省から、膨らますことができる模造武器をフルスケールで製造するよう注文を受けている。
注文内容は戦車や飛行機だが、中には長距離地対空ミサイルシステム『S-300』や、『Su-27』戦闘機(NATOによるコードネームはFlanker)も含まれている。Rusbal社サイトの製品紹介ページを見てほしい。
デコイ兵器は、昔から軍隊によって利用されているものだ。たとえば第二次世界大戦では、イギリスのマジシャンJasper Maskylne氏が、ドイツのロンメル将軍をだますためのダミーの潜水艦やフェイクな戦車を作成したと伝えられている。

デコイ兵器という存在は、アートディレクター徳田祐司さんのピースプロジェクト、
retired weaponsのインスタレーションでも使われてたので知っていたのだけれど、
http://drop-design.com/blog/2006/03/08-215021.php

元々は偵察技術の低かった時代に本物の兵器と間違わせて、
戦力の誤認をさせたり、相手の弾薬を無駄に使わせるためのものです。
最近は衛星の偵察画像も鮮明になってるはずなのですけど、
いまだに使われるからには効果があるのでしょうね。

戦闘機からレーダーに司令所など種類も豊富で、
フワフワした形態もなんとなく可愛らしくて良い感じです。
実物を目の前にしたら、笑いがこらえきれなくて戦争がバカバカしくなりそうな感じ。

http://www.rusbal.ru/?page=catalog&category=war
http://www.shapeintl.com/military-decoy/gallery_a_2.php

巨大なものだし、風船としては作り込まれているしで、
値段が気になりましたが、
Цена: договорная 価格:応相談
だそうです。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。