Skip navigation

10fce62c.jpgホンダの新型燃料電池車、FCXクラリティにも
カタログが用意されているということを知り、資料請求してみる。
http://www.honda.co.jp/FCX/

水素を燃料とし、水しか排出しないという環境性能を、
広大な水の上を走る車体の、清々しいビジュアルで表現してます。

生産を開始したとはいえ、インフラ整備の問題もあるし、
とりあえずは官公庁および一部民間企業へのリース販売のみ
(値段を付けると一台数億とも言われてるし)
そんな商品であっても、ちゃんとカタログを用意するのはえらいよなあ。
インサイトと同じく、企業イメージ向上の商品であるにせよ。

そういえばNSX type R GT(ホモロゲ用5台限定モデル、五千万円、一台販売)の時も
A4/4ページパンフレットをちゃんと用意してたし。
自社のブランド向上のために、なにをすべきか理解できてるというのは
本当に素晴らしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ホンダ・NSX
2005年2月22日、「NSX type R GT」発表。3月22日までの1か月間限定で
SUPER GT参加のホモロゲーション取得用に5台限定で販売を予定していたが、
実際に作られたのは1台だけで、その価格は5,000万円であった。
ベースの「タイプR」に、カーボン製エアロバンパーなどの空力パーツを装着し
全長全幅を拡大。エンジン(C32B型)、ミッション(6MT)、
ダブルウィッシュボーン式サスペンション等の基本性能は変更なし。
型式ABA-NA2。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。