Skip navigation

Monthly Archives: 7月 2008

60f3f63c.jpgdot’sでプーカとギャラクシアンを作ってみる。
http://www.dot-s.net/

こうして見ると、レトロゲームの荒い解像度での
キャラクターデザインの精緻さを思い知らされます。
最後の1ドットを押し込むことで神が宿る感じ。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

広告

13cfa1f8.pngdot’sを購入。
http://www.dot-s.net/

グリッドに色の付いたドットを差し込んで行く。
任天堂やナムコのレトロゲークキャラとの相性が良い。

見たまんまのアナログ感覚で結構楽しいのだが、
結構めんどい。
全体を想像しながら刺して行くのだが、
このブロック全て一段下のが良いなあと思うと総取っ替えになるw
そういうときはコマンド-Z(マックの取消のショートカット)を押したくなるあたりが
デジタルに侵されてる証拠と言えるのかも。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

f7e1a480.pnghttp://www.yamaha-motor.co.jp/entertainment/papercraft/ultra/index.html
超精密ペーパークラフト
これまでにない程リアルに表現された究極のペーパークラフトMT-01

PDFファイルによるペーパークラフト。
PDFを開いてみると、その変態っぷり、もとい精密っぷりが理解できる。
なんなの、この精密さは。。
適当にプリントしたら良いレベルではなく、
紙の厚みとかしなやかさまで要求されそうなペーパークラフトです。
お子様の自由研究にお悩みの親御さんとかに是非お勧めw。
もし自分が作らざるを得ない状況なら、とにかく大きめの紙にプリントして作りたいですな。
あるいみ勝負を挑んでますよね、、

Black design
http://www.blackdesign.jp/

b2918338.pngオープンテック(http://iopentech.tk)という名称の企業がMacOSXが動作可能な[Mac互換機]の発売を予定していることが26日、同社のホームページに公表された資料によって明らかとなった。
 オープンテックが公開した情報によると同社が近く発売を予定しているMac互換機はIntel Core 2 Duo 2.4 GHz/500 Gb HD/2GB DDR2 RAM/NVIDIA Geforce 8600 GT 512 Mbを装備した「Open Tech Home」とIntel Core 2 Quad Q6600 2.40GHz/4GB DDR2 800MHz RAM/640GB HD/8800 GT 256mbを装備した「Open Tech XT」の2機種でそれぞれ、620ドル(約6万5000円)と1200ドル(約12万6000円)を予定。
 同種のMac互換機を発売した米サイスター社はアップルからMacOSXの使用許諾契約書(End User License Agreement)に違反しているとし訴訟を起こされたということもあり、オープンテックでは出荷の段階ではMacOS Xのインストールは行わず、OSのインストールは利用者の判断で行ってもらいたいと述べている。
 オープンテックのホームページにはメールアドレスの他には同社の所在地や電話番号などの情報は一切、記載されておらず。今のところこのオープンテックという企業がどういうものなのかに付いては不明だ。

値段だけ見てデザインに目をつむれば三台くらいぽちっとなしてまいそうなお値段。
しかし今回は、謎の羽にZIPという文字(アイオメガ社のZipドライブか?w)
安定してサポートを受けられる見込みが殆どないことを考えるとリスク高すぎますな。

こうした法の微妙なところをついてくるメーカーは駄目だけど、
アップルも大昔のように純正互換機を認めれば良いのに。

アップルはロイヤリティーフィーで儲かり、
ユーザーは多様なマックを選択できて(アップルのデザインを超える筐体を期待)
メーカーは、ウインドウズ以外の製品を出荷でき、リスクの分散と製品の多様化が実現できる。

008年04月15日『Mac OS X』互換の格安パソコン:Apple社使用許諾違反の可能性は?
http://blog.blackdesign.jp/archives/51349473.html
こちらの互換機はアップルに訴訟を起こされた模様。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200807171422

Black design
http://www.blackdesign.jp/

5e29599a.jpg招待券をいただき、FC東京対マリノス戦を味の素スタジアムに見に行く。

試合結果
http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=result/result&game=7538024&year=2008
2008年07月26日 味の素スタジアム ( Home )
エメルソンのゴールで追いつくも、その後は互いに決め手を欠きリーグ3戦連続のドローに終わる。

サッカーよりかは野球派なので、現在のJリーグの状況も把握できていないのだが、
熱いスポーツなのでスタジアムで見るのはやっぱり面白いわ。
FC東京応援席の一糸乱れぬ応援のリズムにびっくりする。
それと、あまり東京都民という意識を感じることは少ないのだ、
「東京!!東京!!」という熱いコールはきゅんとくるものがありますわ。

ハーフタイムには300発の花火が打ち上がる「FC東京ファイヤーワークスナイト」だったのだが、
わしらが陣取った席の真裏から打ち上がり、
スタジアム上部の窓からかすかに見える程度で飲んだくれる。

飛田給の駅もキレイで立派だし、途中の歩道も凄く広くアクセスはすこぶる良い。
近隣の商店にもFC東京の旗が掲げられ、地元に根ざしてる感じが伝わってくる。

FC東京応援席
http://jp.youtube.com/watch?v=0EmMBllDQVA
http://jp.youtube.com/watch?v=dteGDStsFBA

Black design
http://www.blackdesign.jp/

12891d36.jpg

SANY0001

「ラブロマ」というマンガを描いたとよ田みのる氏の新作。
いつの間にか単行本になっておりました。

・本気で集中する、という精神性が素晴らしい
・微妙に怖い山田さんがモテモテなのが腑に落ちない
・読み切りのツンデレJC振波をヒロインから外した理由はなんだったのだろう?
・本編は4話w。しかしピンボールのマンガだし、長く引っ張らず終わらせたのは懸命かな。
・八百万のものに神は宿り、宇宙は内包されていると思うが、ピンボールをマンガに描くのは目眩がするほど無謀に思えてならない。だからこそ、一冊になるほど多方面から描ききったことを讃えたい。
・しかしながらマルチボールのダイナミズムの描写が弱かったような気がする。
・ひさしぶりに2chとよ田みのるスレを見に行ったら、
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/comic/1201008610/l50
みんな相変わらずみかんみかん言ってて和んだ。

確かにピンボールは集中力がキモです。
私も10代の頃は、同じランプに連続10回とか20回とか平気で通してたし。
それと、本質的にアナログのゲームであり、
製造時の一台ごとの個体差や、経年変化の影響も大きく、
激しい動きにさらされ故障のリスクも大きい。
そしてアウトレーンなどの、どうにもならない不確定要素は存在するわけで、
30億点という世界がどれだけのものかは想像もできない。
だからこそ、心が震えるのがわかる。

バンバック。実際にできるのだねえ、凄いわ。
http://jp.youtube.com/watch?v=hpxWDBvzDl0&fmt=18

とよ田氏、シカゴ視察。
http://members.edogawa.home.ne.jp/poo1007//picture/PINBAL%20EXPO%202007/CHICAGO.htm

一年間ネーム描いてボツったキャラの潜むwebサイト背景

手描きでラブロマ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3907114
ファンによる手書きのオープニングムービー。
知らない人が見たら「いつのまにアニメになってたのだ??」と思うような出来映えですw

Black design
http://www.blackdesign.jp/

8d8f256e.jpgひとにはそれぞれ進みゆくべき道ってのがある
あたしは極楽で楽しい人生
それでいいじゃんっ

ってなマンガの第二巻。
Hanakoという情報誌?の不定期連載で、
第二巻が出るほどに続いていたことにびっくり。
巻末にはハルチン番外編ナナナンという筆者の日常マンガ。
魚喃キリコ氏の他のマンガは読んだことはないのだが、
ハルチンの世界観とは似ても似つかぬシリアスなマンガを描く人らしい。
そうした世界観を愛する人が読んだら、どういう反応をしめすのか想像できない一冊。

Black design
http://www.blackdesign.jp/


NTTドコモは7月24日、FOMA端末向け情報配信サービス「iチャネル」を8月1日にリニューアルし、ニュース提供元を毎日新聞社から日本テレビ放送網に変更すると発表した。動画ニュースの配信が目的だとしており、毎日新聞の英語サイトに不適切な記事が掲載され続けていた問題とは関係ないとしている。
 iチャネルは、ニュースや天気予報、芸能・スポーツ情報、占いなどを配信する有料(月額157.5円)サービス。リニューアルは昨年末から企画していたといい、ニュースと芸能・スポーツのジャンルで動画を取り入れるほか、音楽や雑誌のコーナーを新設する。
 毎日新聞の英語サイトで不適切な記事が配信され続けていた問題に絡み、ネット上では「毎日新聞がニュース配信しているiチャネルを解約しよう」という動きも出ていた。ドコモによると、今回のニュース提供元変更は一連の問題とは関係なく、あくまで動画対応やコンテンツの充実のためとしている。

毎日新聞、「低俗過ぎ」英文記事問題で内部調査公表 再三の指摘放置、「深刻な失態」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/22/news032.html
毎日新聞問題の情報集積wiki |ひどすぎる..変態/低俗/捏造 WaiWai問題
http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/

私はiチャネル解約し、ニュースや天気予報はメルマガで間に合わせてきたのだが、
iチャネルに堂々と復帰できるのは嬉しいねえ。

毎日新聞変態問題によって、結構な数のiチャネル解約はあったと思うけど、
既に新サービスの画面が出来ていることや、動画配信のシステムが準備できていることを考えると、
やはり発覚以前から動いてないと時間的には無理っぽいかな。
解約騒動だけで情報提供元を変更というのは考えにくい。

もしくは、毎日新聞変態報道問題により、
検討していたサービスをいきなり実践投入、もしくは前倒しと考えるのが妥当かな。
りくなびではニュース文字打ち派遣社員を今ごろ募集してるし。

http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/rnc/docs/cp_s01800.jsp?rqmt_id=0005974212
株式会社日本テレビ人材センター■日本テレビ報道局にて文字情報入力のお仕事■
報道局に流れてきた最新ニュース原稿を要約し、テレビ・携帯に速報として配信するやりがいのあるお仕事です
【具体的には】
■デジタル放送のニュース原稿要約・配信
■i-チャンネルへのニュース原稿要約・配信
※8月から勤務可能な方

真相はわからないけど、ドコモもiチャネル解約とばっちりの怒りは毎日新聞に感じてるとは思う。
とはいえ、大手マスコミを敵にまわすと
将来なにかあった時に毎日新聞に酷い報道をされかねない、という恐れもあるのかな。
そうした背景も感じられなくもない発表ですよね。
大企業さんも大変ですねえ。とはいえドコモGJ

Black design
http://www.blackdesign.jp/

3d6cfaea.jpghttp://response.jp/issue/2008/0723/article111923_1.html
ホンダは22日、英国モーターショー(ロンドンモーターショー)で、低排出ガスの2シーター・スポーツカーのスタディ、『OSM』を発表した。OSMはオープン・スタディ・モデルの頭文字。
「低排出ガス車も魅力的でありうることを示したかった」と、OSMのプロジェクトリーダー、アンドレアス・シッテルは語る。「環境に優しい車が格好よくない理由、スポーティでない理由、ファンtoドライブでない理由は、ない」。
OSMはドイツ、オッフェンバッハにあるホンダR&Dでデザインされた。現時点でOSMはテザインスタディ・モデルであり、量産化の計画はない。

デカビートと噂されていた奴ですかねえ?ちょっとデカすぎますけど。
スタディモデルと言ってますけど、現時点でも普通に作れそうに見えますけどねえ。
真横から見ると、人が本当に中心にいて理想的なスタイリングであることがわかる、
二人乗りならではだけど。

「炭素繊維車」を共同開発 4割軽量化
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080724AT1D2304L23072008.html
東レや日産自動車、ホンダ、東京大学などは自動車向けの炭素繊維材料を共同開発する。2010年代半ばをめどに量産技術を確立、車体重量の4分の3を占める鋼材のほとんどを新材料に置き換え現行車より最大4割軽い「炭素繊維カー」の実用化につなげる。ボディーや部品の生産コストを鋼材製並みに引き下げ、車体の軽量化で燃費を約3割改善する。最先端の素材開発で先行することで、環境対応車分野での日本勢の国際競争力をさらに高める狙いだ。
 炭素繊維は現在の自動車の主力素材である鉄に比べ重さは4分の1で強度は10倍。ただ鋼材が1キログラム100円強、アルミニウムが300—400円であるのに対し、炭素繊維は数千円に上り普及が遅れていた。鋼材は主原料の鉄鉱石で大手3社による寡占化が進み今後も価格上昇が予想される。量産余地の大きい炭素繊維との価格差が縮小し、自動車を巡る素材間競争が激しくなる見通しだ。

量産することでのコストメリットも出て来るだろうし、軽くなることでの経済性もあるのだろうけど、
現時点で数十倍の価格差か。。
ぶつけた場合の破損具合も心配だし(板金は無理?)
堅い破片が事故現場に散らばると交通に支障を来すだろうし、
不安も大きいが、期待も大きい。なんか未来の車に近づいてる感じで。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

916cf3ff.jpg

マンションの自転車置き場に行ったら、ネコが四肢を伸ばして無防備に寝てた。
写真を撮ろうと近づいたら起きたが。
風が通るコンクリートの地面の駐輪場は、屋外では涼しい場所なのだな。
暑いから涼しい場所に行くとか、寒いから温かい場所を探すとか、
本能に従う感じが良い。

Black design
http://www.blackdesign.jp/