Skip navigation

52219234.jpeghttp://ja.wikipedia.org/wiki/レーション
レーション(ration)と言うと、本来は食料などの配給品(特に期間を区切って支給されるもの)であるが、一般的には軍隊において軍事行動中に各兵員に配給される食糧(コンバット・レーション)を指すことが多い。
これらの食料の多くは、劣悪な環境における輸送にも堪え得る保存性と、摂取カロリー量の確保を至上目的としたものである。古くより軍隊では、軍事行動中の食料供給の量的な問題に頭を悩ませており、また劣悪な環境により伝染病が発生しやすいこともあり、最も基本的な食料を、衛生的かつ大量に輸送するため、保存性に優れ、また余計な手間の要らないものが求められてきた。その一方で、平時よりもはるかにストレスの溜まりやすい戦場では、食事は重要な娯楽なので、味の改良も進められている。
食事という個人の好みによる部分が非常に大きく、また国によっても食文化や食のタブーに対する考えが全く異なってくるため、一概に「レーションはこういうものである」と言い切ることができない点が問題であり、また魅力でもある。

といった非常にマニアックな物が、なぜだか「08年上半期ヒット商品セレクション」に。。
http://trendy.nikkei.co.jp/special/index.aspx?i=20080611t2003t2

レーションの話が語られる際によく出てくるイタリア軍ネタ。

イギリス軍兵士がイタリア軍に捕まり、捕虜になった。
夜となり、牢獄に入れられた彼のもとに夕食が届けられたが、これが前菜から始まって、
パスタに肉料理、食後の果物にワインまで付く不自然なまでに豪華な食事。
補給が絶たれろくな食事をしていなかったパイロットは思った。
「これが俗にいう最後の晩餐、ってやつか…」
明日は銃殺されるんだ…と思ってまんじりもせずに迎えた翌朝、彼の繋がれている
牢獄の前に階級の高そうな将校が従卒を伴ってあらわれた。
こいつが銃殺を指揮するやつなのか?と思っているとその将校が何事かを彼に向って
話し始めた。連れの従卒が通訳する。
「昨日は間違って将校である貴殿に一般兵卒の食事を出してしまった。
決して捕虜虐待のつもりはない。私の顔に免じて看守を許してやってくれないか?」

Black design
http://www.blackdesign.jp/

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。