Skip navigation

http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080519071309.shtml
元ワールドチャンピオンのミカ・ハッキネンは17日(土)、自宅のひとつで就寝中に火事が発生するという災難に襲われたが、無事だったようだ。
39歳のフィンランド人元ドライバーであるハッキネンは、2人の女性(そのうちの1人はハッキネンの新しいガールフレンドだと思われる)と共に南フランスの自宅で過ごしていた最中に火事に見舞われた模様だ。3人にケガはないものの、残念ながら愛犬は犠牲になってしまったと伝えられている。
ハッキネンらは病院に搬送されたものの、ケガはないためにすでに退院している。
ハッキネンの自宅は3階建てだったが、そのうちの2フロアは損傷が激しい様子だ。出火原因となったのは、ハッキネンがマクラーレン時代に獲得したトロフィーなどを飾っていたキャビネットで電線に不良が発生したことだという。
今回火事が発生したのは、ハッキネンが南フランスのプロヴァンスにあるカリアンに所有する別荘。お値段の方は1,200万ドル(約12億5,000万円)で、10部屋のベッドルームを備えている大豪邸だ。

2008年02月07日 ミカ・ハッキネンとイリヤ、離婚
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51220809.html

愛犬は残念でしたが、とりあえず三人が無事でなによりです。
栄光のトロフィーは全て消失してしまいましたかねえ。
離婚して3ヶ月ですか〜、新しい女性が出来たのはなによりですが、2人の女性というのが気になりますな。
しかし不運が続きます。マクラーレン全体が何らかの呪いがかけられてるかのように。
ハッキネンはDTMもメルセデスからの参戦だし、F1に遊びに来る際はチームのスポンサーが付いた服を着てるし。
完全に縁を切ったライコが昨年優勝、アロンソも(勝てない車だけど)まあまあの成績ということもあり。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。