Skip navigation

http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51286332.html
○ 先週末、痛い思いをしたドライバーのパートナーは、デイヴィッド・クルサードのフィアンセ、カレン・ミニエである。
クルサードのスコットランド人の血統のため、彼は財布の紐をしっかりと握っている。だから、彼がスペインで日曜午前のドライバーズ・パレードに欠席したため4,000ユーロ(65万3,768円)の罰金を課せられたときはかなり動揺していた。
クルサードは、土壇場までトランスポーターの後ろでいつも通りパレードの用意をしていた。しかし今回彼が出発地点に着くと、トラックはすでにメインストレートを走っていた。
ドライバーズ・パレードへの参加は強制的なので、FIAはクルサードに罰金を科した。この罰金は彼自身が支払わなくてはならない。
クルサードはその後「カレンには買い物に行くな、来週は食事も抜きだと伝えたよ」と笑いながら語った。「僕らは痛みを分かち合うんだ!」
しかしクルサードは、それを取り下げてもらう努力をしないまま罰金を支払うことはしなかった。彼はレース中のティモ・グロックとの接触に関して話し合うため、レース・スチュワードに召喚されたのである。
「スチュワードに会うと、レースに関する僕の意見を聞いてくれてありがとう、でも別の話があるんだと言ったんだ」
「僕は『あなた方は僕に4,000ユーロの罰金を課しました。僕は230回以上グランプリに出走して、病気で医療センターに行ったマレーシア以外、一度も欠席したことはありません、僕の子供に相続する財産から4,000ユーロを奪うことになるんですよ!』と話した」
「何の反応もなかったよ。笑顔も何もね。だから彼らに『オーケー、わかりました。現金で支払うので2,000ユーロにしてください』と言ったのだが、またしても反応がなかった」
「そこで僕は(FIA代表の)アラン・ドネリーに英語なら面白いんだけど、スペイン語に翻訳してくれないかと頼んだんだ。でも彼には、スコットランドじゃないとそれは受けないねと言われたよ…」

ドライバーパレードのトラックに乗り遅れるクルサード先生萌え。さらに罰金を値切るまろやかさ加減にもっと萌え。

今年はクラッシュも多く今ひとつのシーズンスタートですねえ。一説には今年の確変チケットを昨年シーズン終了間際に使ってしまったとか。そろそろ表彰台を期待したいものです。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。