Skip navigation

4e2b61fd.jpg新Mac OS X Leopardの自動バックアップ機能「Time Machine」を試す。

Time Machineは、Mac OS Xに組み込まれた画期的な自動バックアップ機能。デジタルフォト、音楽、ムービー、文書など、Macにあるすべてのファイルをバックアップ、保存してくれるので、必要な時にいつでも過去にさかのぼってファイルを復元できます。Time Machineの準備はとても簡単。別売の外付けドライブをMacにつなぐだけで完了です。Time Machineが、このドライブをバックアップに使うかどうかをあなたに確認します。ドライブを 決定したら、あとはTime Machineにおまかせください。バックグラウンドでバックアップを自動実行します。これからは、バックアップを気にする必要はありません。

最初のバックアップだけ時間がかかったけど(数時間w)、次回以降は前回との差異のみ自動記憶して行くそうだ。もちろん今までも重要なデータはダブル/トリプルのバックアップを常に意識して作業していたし、これからもTime Machineだけでなく節目節目で手動バックアップもして行くけれど、一時間おきに自動で動くバックアップというのは安心できるね。

ちょっとトラブル、私はMacBookに外付けモニタに外付けキーボードで作業しているのだが、Leopardだとキーの位置がちょっと違うような、特にシフトキーを押しながらの()とか「」とか。まあ文字打ちで出るから良いけどちょっと不便。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。