Skip navigation

e128d0bc.jpghttp://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20080215/1007089/
ラジコン・モデルなどを手がける京商は、歴代のフェラーリF1マシンを集めたミニカー「フェラーリ・フォーミュラ・カー・シリーズII」を2月26日に数量限定で発売する。コンビニエンスストアの「サークルK」および「サンクス」の限定販売企画の第25弾で、10タイプ20車種。価格は各650円。
 ニキ・ラウダがチャンピオンに輝いた「312 T2」(1977年)から、ミハエル・シューマッハが7勝を飾った「248F1」(2006年)まで、記録と記憶に残るドライバーが乗ったマシンを取りそろえた。
 フェラーリからライセンスを受け、64分の1スケールで製作した。ボディの材質は重さで存在感を感じることができる亜鉛合金を使用。内装やホイールにはABS樹脂を用いた。インテリアとして飾ることができるディスプレイ・ベースが付属する。
 パッケージは、開けるまでどのモデルが入っているかわからないブラインド・ボックスを採用した。
 なお、京商は2004年11月に「フェラーリ・ミニカー・コレクション」を発売して以来、ランボルギーニ、トヨタ・スポーツカー、ポルシェなど、国内外のモデルを集めたミニカー・コレクションをサークルKとサンクスで限定発売している。

http://www.kyosho.com/jpn/products/diecast/brmc/ferrari_f1_2/index.html

コンビニで買えるフェラーリモデルか、いいねえ。
ミハエルの乗ってた現代フェラーリだけ入手できれば満足かなという印象でしたが、ラインナップを見てみると、全部欲しくなってくる。ドライバーの違いはこの際どうでもいいが、それでもマンセルモデルはゲットしたいなあ。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。