Skip navigation

61896159.jpgギョーザ問題 健康被害1692人 ギョーザの街は「セーフ」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080202/crm0802022140022-n1.htm
厚生労働省の2日午後3時時点のまとめだと、中国産冷凍ギョーザなどが原因と疑われる健康被害を訴えている人は全国で1692人に上る。報告がなかった徳島県を除く都道府県からの報告をまとめた。
また、ギョーザの街・宇都宮市を抱える栃木県では、保健所に健康被害を訴える相談件数が極端に少なかったことが分かった。同県で健康被害を訴えたのは1件のみ。ゼロだった岩手、島根両県に次いで少なかった。
総務省の家計調査(平成17年)によると、1世帯あたりのギョーザ年間支出額は宇都宮市が日本一。それだけに、厚労省幹部らの間では「地元のギョーザがおいしいから、中国製冷凍ギョーザは食べないのではないか?」「地元の人が誇りを汚したくないから被害を訴えないのでは?」といった憶測が飛び交っている。

いつの間にやら「餃子の街」なる微妙にニンニクくさい称号の与えられた、私のホームタウン宇都宮w。ちなみにそのルーツはwikipediaによると「宇都宮市の餃子の始まりは補充担任を宇都宮師管区とする陸軍第14師団が、1940年(昭和15年)8月以降、衛戍地を満州としたことから宇都宮出身の将兵が帰国に際して本場の餃子の製法を持ち込んだのが始まりといわれる」とのこと。餃子とシュウマイであればシュウマイのが好きな私としたら、宇都宮はシュウマイの街になって欲しかったものだが。
ちなみに宇都宮は「ジャズの街(ナベサダ生誕の地なもんで)」でもあり、「カクテルの街(カクテルの国内大会で優勝したバーテンダーが多く所在かららしい)」でもあるらしい。

しかし中国産食品は怖いですねえ。今日スーパーに行ったら(たぶん直接関係のなさそうな)餃子のパックに半額シールがついてた。野菜とかはベランダで栽培できないか試行錯誤中。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。