Skip navigation

Monthly Archives: 2月 2008

385cc718.jpghttp://www.asahi.com/sports/spo/NGY200802280007.html
F1観戦「苦痛」、観客が集団提訴へ 富士SW相手取り
2008年02月29日07時04分
 トヨタ自動車子会社の富士スピードウェイ(FSW、静岡県)で昨年9月に開かれたF1日本グランプリ(GP)を巡り、運営上のトラブルで苦痛を受けたなどとして、観戦に訪れた観客の一部、約70人が28日、FSWを相手取り、チケット代の全額返還と1人あたり数万円の慰謝料を求める集団訴訟を起こす方針を固めた。4月にも東京地裁に提訴する。著名なスポーツイベントの運営上のトラブルが訴訟に発展するのは極めて異例だ。
 神奈川県在住の40代の男性会社員が発起人となって設立した「FSW被害者の会」が訴訟準備を進めてきた。同会に訴訟に参加する意思を伝えた観客と弁護士との協議が同日整い、提訴に踏み切る方針を固めた。提訴までに、ネットを通じて原告を広く募る構えだ。
 昨年のF1日本GPは9月28〜30日、30年ぶりに会場をFSWに移して開催され、3日間で約28万人が観戦した。だが、実際には仮設スタンドの一部でレース中の車が見えなかったり、会場までの交通手段をシャトルバスだけに制限したにもかかわらず、周辺が大渋滞して計画通りに運行できず、数万人の観客が長時間、待たされたりするトラブルが相次いだ。
 FSWは運営上の不手際を認め、レースが見えなかった指定席(6万1000円)の観客約7100人に自由席との差額5万円を返還。行きの渋滞で決勝に間に合わなかったと認定した観客85人を対象に入場料などの返金を進めたが、その他のトラブルを受けた観客については返金はしていない。
 これに対し、原告側は「FSWが責任をもって運行すべきシャトルバスが計画通りに走らず、F1観戦で苦痛を受けた」などとして、チケット代の返還に加え、慰謝料も請求する。FSWは今月20日、今年10月の開催に向けて、バスの運行方法の変更などの改善策を発表したが、払い戻しの対象が拡大しなかったことから、原告の数が膨らんだ。今後も同会事務局のメールアドレス(fsw.gphigaisya@gmail.com)を通じて、原告を募ることにしている。
 「被害者の会」を設立した男性は「払い戻しされた人以外にも大きな苦痛を受けた観客は多く、払い戻しの認定基準は不公平。訴訟を通じて、被害の実態を広く明らかにしたい」と話している。

中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008022902091388.html

2007日本GPの被害者立ち上がろう。
http://fswthevictim.blog122.fc2.com/
fsw.gphigaisya@gmail.com

富士スピードウェィとトヨタのF1開催は空前絶後のひどい運営だったらしいです。事前に予測できた混乱に対して全く準備せず、さらにアフターケアも全く無しというありさまだったようで。
でも今回非常にびっくりしたのは『大手メディア』が集団訴訟を報じたという事!トヨタからの膨大な広告出稿してると思われるのに、開催直後もその辺を気兼ねしてか、空前絶後の事件だったのに微妙な報道しかしなかったのに!

しかもトヨタのお膝元の中日新聞w
さらに朝日新聞といえばKYダイビング、アサヒる、中国様、(-@∀@)、というマスコミなのか売国集団なのかわからないメディア。ジャーナリスト魂がかろうじて残っていたということ?

今後、朝日新聞/中日新聞でトヨタの広告が激減したら、それはそれで面白いな。しかし穿った見方をすると今年の秋の富士トヨタF1も先日開催案が発表されたが、抜本的な運営カイゼンは事実上不可能。と考えると『少しでも観客を減らしたい』というトヨタの意思が今回の報道許可?につながったのではないかと深読みしてみる。
富士トヨタF1の悪評を(トヨタ自身が)徐々に広める>>訪れる観客が激減する>>ガラガラの観客席はトヨタ社員とかカメラワークとかCGとかで盛り上がってるように加工>>観客が少ないのだから昨年よりも混雑は(若干)緩和される>>大幅にカイゼンしました!w>>トヨタ王国マンセー記事が大量に出回る
というアホみたいなシナリオを予想。諸行無常。

f4b2bf89.jpg今週のモーニング/働きマンは「な〜んもしない働きマン」
うーん確かに働いてるように見えないのに、なんか出世したり良い地位まで登ってっちゃう人はいるよねえ。そんな人も見えない場所で仕事してたりしてなかったりするんだよ?というお話です。羨ましいような、どうでもいいような。アルプス一万尺見たいわ。

Black design
http://www.blackdesign.jp

オフィスデポの電話帳みたいな厚さのカタログ、このまえ新しくなったはずなのに再度届く。
理由は先日の「再生紙の古紙混合率偽装問題」にあり。律儀にも『正しい混合率』に記載し直し再送してくれたようだ、電話帳みたいな厚さのカタログを。いやはや。環境に優しいと触れ込んで作られる再生紙なのに、色々あって本末転倒です。もちろんオフィスデポが悪いわけではないのだけれど。。

また、総合的な環境負荷を考えると(古紙収集や処理、加工の電力や水等も含む)古紙配合率を高めるよりも、ある程度の新しいパルプを混ぜた方が環境に優しいという説もあるし。もちろん使える物を再度使うというのは素晴らしい事だけれども。。

Black design
http://www.blackdesign.jp

16438e96.jpgペーパーナイフを購入。

http://www.askul.co.jp/webapp/shops-club/servlet/YProductDisplayBeforeLogonView?storeId=1001&screenID=GF00912040&catEntryId=197902

いままでは封筒を開けるのに、指を突っ込んで開けたりカッターを使ったりしてたのだけど、そんなやり方と比較すると、一つの機能に特化したペーパーナイフの使用感覚は、非常に洗練されていて官能的。
「封筒を開ける」という事だけのために546円も費やすのもどうなのかなあ?と買う前は思っていたが、今は納得して使ってます。一生ものだろうしね。

マンションに防犯カメラ設置工事完了。ドラクエで言うとはがねのよろい防御率+30くらい?
こうしたハードのセキュリティも(示威効果も含めて)重要だけど、住人の心構えとかのソフト的な部分も重要な事もなんとなくわかってきた。共有部分で周囲に目を光らせるとか、住人同士で挨拶をするとか、そういうコミュニティを構築する事でセキュリティレベルは大きく上がると思われます。

Black design
http://www.blackdesign.jp

99ffbeb5.jpgハチクロ羽海野チカの新連載「3月のライオン」第一巻が発売。

将棋よりは囲碁派の私としたら(その囲碁も何年も打ってないけど・・)マンガ内対局の棋符も異常にクオリティ高くて、監修の矢崎八段が「これは素晴らしい手です!」と解説してもどの辺が素晴らしいのかさっぱりわからん、、キュートなハチクロからいきなり何故将棋マンガに??とは誰もが思うところだが、作者の心の内が巻末マンガに描かれてる(何度も同じ事を聞かれてうざいと思ったのかもしれん。。
羽海野氏の食い物の描写、描き方が美味しそうに見えるというよりも、食べる時の気持ちとか思い出とか共有される記憶を丁寧に描く事で、懐かしいような気持ちにさせるのかな、優しくってちょっとだけせつなく痛い感じ。

零くんちって、たぶんここだよな。
http://www.realtokyoestate.co.jp/estate.php?n=3438
これぞ隅田川VIEW!
しかしこの物件は普通じゃない。東京湾に向かって注ぎ込む隅田川をおよそ1Km、まるで川面に浮かぶ船の上から眺めるように、堪能することができるのです。いや、船の上からでもこの高さから眺めることは難しい。そんな得がたいこの眺め。
なぜかと言えば、この建物の目の前で隅田川は他の川と合流するためにY字状になっていて、そのちょうど先端にこの建物があるからなのです。

ここは私も心が動いた物件でした。内見に行く前に売れちゃってましたけど。この近辺は最初に勤めた会社の近くで馴染みもあり、月だの下町風情の街並で住みやすそうなところです。

Black design
http://www.blackdesign.jp

6f04badc.jpgサッカー東アジア選手権の、アクトビラVODサービスにおける配信サービスの広告枠スキンフレームを制作。

東アジア選手権
http://www.eaff.com/j/

アクトビラ
http://actvila.jp/video/sports/sports.html

制作途中ではパソコンモニタでしか色の確認ができず、納品した後に購入したブラビアとVODで確認。なるほどパソコンモニタと液晶テレビは殆ど同じ構造らしく、ほぼ想像通りの色味で一安心。
中央には各スポンサーの動画が配置され、その周囲のフレームのみ制作。

Black design
http://www.blackdesign.jp

f818109a.jpgttp://plusd.itmedia.co.jp/d-style/articles/0802/22/news045.html
フィアット グループ オートモービルズ ジャパンが、新型「フィアット500(Fiat 500)」を国内発表。3月15日から販売を開始する。スモールカーの代名詞“チンクエチェント”が50年ぶりに蘇る。価格は、1.2リッターエンジンの「フィアット500 1.2 8V ラウンジ」が225万円。
フィアット500は、イタリア本国で昨年7月4日に発表されている「Fiat 500」の日本販売モデル。第1弾として日本市場に投入される「フィアット500 1.2 8V ラウンジ」は、総排気量1240ccの直列4気筒SOHC8バルブエンジン(69馬力)にATモード付5速シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」を組み合わせた3ドア/右ハンドル仕様となっている。「デュアロジック」では、クラッチペダルを排除した5速シーケンシャルシフト式手動変速のマニュアルモードと、自動変速のオートマチックモードという2つの走行モードが選択可能。
1957年に発売された、NUOVA Fiat 500(NUOVAはイタリア語で“新”の意味)は、チンクエチェント(イタリア語で“500”の意味)の愛称で親しまれたスモールカーの名車。「人々の生活に深く溶け込みながらいつも時代とともにあり、イタリア自動車業界の象徴的な存在であり続けた」(同社)。1977年に生産が終了して以降30年以上が経った現在でも、愛好家によって現役で走行しているクルマが多い。日本ではアニメ「ルパン三世」でルパンの愛車として活躍する愛らしい姿などが有名だ。
50年ぶりに登場した“新チンクエチェント”は、やわらかく丸みを帯びたボディラインが印象的。3ドアのコンパクトボディは、全長3545ミリ、全幅1625ミリ、全高1515ミリ、ホイールベース2300ミリ。車両重量は1100キログラム。オリジナルモデルが持つ個性を損なうことなく、当時そのままのフォルムをアップデートし最新のフォルムに作り変えられている。

思いのほか旧フィアット500の面影が感じられますな。コンセプトもなんとなく踏襲しててキュートです。値段はちょっとどうかと思いますが。
旧フィアット500、いまだに現役で走ってるのを都内で普通に見かけたりしてますからねえ。それも凄い事なのですけど。愛好家の皆様にとったら(修理の手を尽くしても)走行不可能になった場合の乗り換えの道となりますでしょうね。

ルパン三世と旧フィアット500



ルパンと不愉快な仲間たち
http://matsune.blog5.fc2.com/blog-entry-26.html

メルセデスベンツSSK
http://akiben.blog49.fc2.com/blog-entry-15.html

Black design
http://www.blackdesign.jp

寒さもいくぶん和らぎ湯冷めの心配も減ってきたので
朝風呂にのんびり入る。
気分が変わってなかなか良いです。

Black design
http://www.blackdesign.jp

7f3a4a16.jpg引越でアナログテレビを処分し、パソコンワンセグのみのテレビ視聴生活を満喫しておりましたが、F1も開幕するし、なぜか敷金が無傷で帰って来たので地デジ対応テレビ購入。
中ぐらいのと大きいのと、値段差は比例しないので大きい方が得なような気がするが、テレビとして使うよりもパソコンにつなげてモニタとして使える事も重要なので、中くらいのを購入。

テレビなど「最も説明書を読む必要のない家電」と思ってた。電源入れてチャンネル切り替えるだけ、みたいな。しかしまあ最近のテレビはどうだ、至れり尽くせりで様々な機能がついててマニュアルが無いと太刀打ちできん。

・番組表が見れる。すごい!
・B-CASなるカードが。なにこれ?よくわからんがとりあえずテレビに突っ込む
・地デジ、テロップの文字がキレイですなあ。
・膨大な数の端子が付いてますわ
・ソニータイマーがちょっと怖い。
・ネットとの接続が難しい。パソコンよりも難易度高いような気がする。
・パソコンにつなぐと左右に黒いとこが出来てしまう
・番組によってワイドなものと、標準なもの(左右に黒)が。

テレビという存在からネットワーク端末への移行期ですな。色々試してみますわ。

Black design
http://www.blackdesign.jp

Black design | FAQ よくある質問とその答え
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/q_1.html

Black design | 宣伝・広告・デザイン業界:専門用語辞典
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/dic_00.html

Black design
http://blog.livedoor.jp/blackdesign_2004/

Black design ブログ
http://blackdesign.sblo.jp/

グラフィックデザインプロダクション:ブラックデザインのブログhttp://blackdesignblog.cocolog-nifty.com/blog/