Skip navigation

6f960ab7.jpg2008年はテレビの見方が変わる (ゲンダイネット)
http://news.www.infoseek.co.jp/society/story/14gendainet05018199/
DVDの普及で、CM飛ばしが当たり前の世の中だが、それに拍車を掛ける機械が登場した。ソニーのHDDレコーダー「Xビデオステーション」(地上アナログ放送対応)で、8チャンネル分を勝手に同時録画してくれて、最大で17〜18日分もストックできる。録画予約の手間も省けて、好きな時に好きな番組を見ることができるのだ。
これまでもこの手の機械はあったし、ソニーのモノも新製品ではない。それが話題になっているのは価格だ。グッと値下げされた。9万9800〜23万9800円(容量は500ギガバイト〜2テラバイト)なのである。
「何でもかんでも録(と)りだめする「タイムマシン機能」がウリの製品なので、売れ筋は最大容量の2テラバイトです。テレビが大好きな個人のお客さまもいらっしゃいますが、企業でのご購入も多いですね」(広報担当者)
こうした製品が一家に1台に広まれば、テレビの見方もガラッと変わる。ダレもCMは見なくなる。
「今後は番組の合間に挟むCMはなくなり、番組そのものがCMになっていくのでしょう」(大手広告代理店関係者)
http://www.jp.sonystyle.com/Style-a/Product/Xv/index.html

おお、なんか凄いな。見逃したテレビ番組でも、話題になったものは有志がYouTubeにアップしてくれてたりするので(最近では紅白のガクトなど)内容は把握できるのだが、それを高画質で確認できるというのは良いですなあ。コストパフォーマンスは微妙だが。
自分の家には置きたくないが、友人の家とかに一台あると重宝かも。しかしハードディスクも毎日24時間稼働中か。寿命はどれほどのもんなんでしょうねえ。
話は変わって、引越にともないテレビ(ブラウン管/地デジ未対応)を売却。こんなんでも数千円で売れてくれた。現在はパソコンワンセグで視聴。てゆかテレビはほとんど見ないし。ニュースが見れればとりあえず充分。F1の開幕する春ごろに、地デジも見据えてテレビをどうするか考え中。

Black design
http://www.blackdesign.jp

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。