Skip navigation

Monthly Archives: 1月 2008

82bbada2.jpghttp://www.hondaracingf1.com/earthdreams/htmljp/

Powering dreams one lap at a time
1ラップごとに夢を与えていく

2008年シーズン開幕に伴い、「earthdreams」は、昨年のコンセプトをさらに進化させ、そのメッセージを強固なものにするため、グローバルに活動を展開していきます。
F1をはじめスポーツは、人の想像力を膨らませ、人は情熱を持って取り組み、さらに人に感動を与えます。 この「earthdreams」 プログラムは、「社会の皆様との共創」に基づいています。
「earthdream」には、夢や情熱を持つすべての人々が参加いただけます。Honda Racing F1 Team は、活気に満ちた世界中の人々の想いを実現するために取り組んでいきます。

うーーーむ、カラーリングに関して好意的にとらえれば、昨年の正常進化ということなんだろうけど、なんだかねえ。もちろんearthdreamというコンセプトは(それなりに)評価したいと思うのだけど、一年で変えてしまうのというのはどうなんでしょう。。Marlboroカラーのマクラーレンホンダしかり、RepsolのカラーリングのRC212Vしかり、数年間に渡って強烈な表情を持ったパッケージを使用することで強烈な個性を発揮してたと思うんですよね。そういうのが感じられないというか、コンセプトは継続しつつ大きくカラーリングを変えるというのはどうなんすかねえ。。

という懸念材料はともかく忘れてしまって、昨年のモデルRA107のカラーリングを施すと数キロの重量アップになってたらしい。その呪縛から離れたということは単純に戦闘力アップしたとも言いきれるかも。
まあ外面はともかく、今年のマシンはどうかちゃんと走るマシンであって欲しい。開幕まで2ヶ月となり、右往左往しながら祈るような気持ちです。

Black design
http://www.blackdesign.jp

82d0a8c3.jpeg海外の方との打合せが若干増えてきたので、英会話能力向上のためPSPの「TALKMAN式 しゃべリンガル英会話」を購入してみる。日本人の方も同席されるし、お願いすれば通訳してくれるので、絶対に必須というわけでもないけど、「大きな声で強く言ったもの勝ち」の業界であるわけで、たどたどしい英語でもいいからもう少し喋れるようになりたいなと。

PSPに小さいUSBマイクをつけて、発声をABCランクで審査してくれる。なんだかカラオケの採点の信憑性を疑うような気持ちになってくるが、ただ判定するだけでなく「一つの単語と考えるより、前後とのつながりを考えて滑らかに!はいもう一度」みたいなアドバイスもくれるので、一応ちゃんと聞いてくれてるらしい。
もちろん機械が相手の会話なものだし、英会話学校に行くほどの効果はもちろん望めないだろうけど、たどたどしくても意思が表現できれば良いかなと。

Black design
http://www.blackdesign.jp

新居に友人呼んで酒盛りしてみた。戸越銀座商店街には色んなお店があってよいわ。
まあまあ楽しかったのだけど、色々と整備しなきゃいけないものがあったことに気づくw

皿。せめて紙皿でもいから取り皿は用意しましょう。
テーブル、大きめな方が色々とお酒やらグラスやら置けて便利やねえ。
テレビのない生活(PCのワンセグのみ)の生活も快適やけど、やはりテレビはあった方がよいかもね。
酒。ビールはあらかじめ買っておくけど、日本酒のいいやつが冷暗庫に保存してあるとポイント高いかもね。
そんなのをもろともせず、飲酒ようではなく災害時の消毒用に買ってあったウオッカを一瓶空ける勢いの友人K。

Black design
http://www.blackdesign.jp

http://www.ishinha.com/audition/index.htm
20世紀三部作の第二部を、びわ湖水上舞台で上演。
2004年「キートン」以来の野外公演に臨みます。詳細は今後当サイトでお知らせします!!

秋の公演、しかも水上舞台。なんとなく「水街」を思い出させるような公演だな。おそろしく寒いような気もするが、私の第二の故郷である関西、しかも4年間を過ごした琵琶湖・滋賀県で公演してくれるのなら行かないわけにはいかないなあ。

どのあたりで公演するのかなあ、普通に考えたら大津近辺なんだろうけど、北の方でも面白そうだな。もしくは幽霊ホテルとかも維新派的な場所だよな。

Black design
http://www.blackdesign.jp

ハードディスクは消耗品と考える。回転する駆動部分があるから、いつか必ず壊れるものとの認識。とはいえ仕事上の大切なデータを預ける存在である以上、最大限のリスク管理が求められる。
壊れることを恐れるという状況ではなく、いつなんどきどの機材が壊れても修復可能な体制を整えるということ。

そこで一年に一台程度、新たなハードディスクを追加購入する。古い方は(順々に)セカンドのバックアップとして重要なデータはダブルに保存しておく。さらには念のため案件の一段落ごとにCD-RかDVD-Rディスクへ焼いておく。

そんなわけで新しいハードディスクを購入。500Gです。0.5TBですよ。秋葉館で2万ちょっと、安っ。
http://www.akibakan.com/100001akibakan/shop/product/detail.do?shopId=100001&pfid=BCAK0011314&sku=BCAK0011314A&pdListCf01=sub_menu.html&pdListCf02=&pdListCf03=&pdListCf04=&pdListCf05=header_tab_mac.html&pdListCf06=new%2Fcf06_exhdd.html&pdListCf07=&pdListCf08=&pdListCf09=&pdListCf10=

ちなみに1テラのお値段は¥46,800
http://www.akibakan.com/100001akibakan/shop/product/detail.do?shopId=100001&pfid=BCAK0011332&sku=BCAK0011332A&pdListCf01=sub_menu.html&pdListCf02=&pdListCf03=&pdListCf04=&pdListCf05=header_tab_mac.html&pdListCf06=new%2Fcf06_exhdd.html&pdListCf07=&pdListCf08=&pdListCf09=&pdListCf10=

最初にマックを触ったころの大学時代は約1Mのフロッピーにデータ保存してたなあと遠い目。メガの上はなんぞや?と調べてみてテラという単位は知ってはいたけど、爺になるころに一般的になるのだろうと思うくらい遠い存在でしたわ。そういや当時の廉価版マックはメモリ8Mハードディスク80Mとかだったしなあ。

そんな感じで500Gを接続。その瞬間は大海を目の前にするような膨大な領域に思えるが、一年後にはだいたい使い切ってる不思議。

Black design
http://www.blackdesign.jp

ヴァレンシアにてテストを行っているホンダチームは、ルーベンス・バリチェロが新車RA108の初走行を行った。バリチェロは午前にトラブルもなく12周を走行している。チームは来週の火曜日に本拠地のブラックレーで新車発表会を行う予定だが、それに先駆けて本日午前にトラックデビューを果たした。クルマのサイド部分には多くの空力的なアップデートが施されていたが、フロントウイングは他チームが採用しているブリッジ形状ではなかった。
公式カラーリングが29日(火)にイギリスで明かされることになっているRA108は、旧型車に比べてノーズが高くなっているほか、著しく角張ったボディワークを特徴とする。

昨年の苦戦を考えると絶対に失敗できないモデルになるけど、どうでしょうねえ。108はまだチェックの段階だろうし、小暮のテストは107での走行かなあ?

・多くの観客(3万8,000人)でにぎわうバレンシア テストでの集客記録を塗り替える
ウィリアムズのルーキー、中嶋一貴もその人数に驚いた様子で、「まるでレースでドライブしているような観客の数だった。ここでは去年GP2でドライブしたけど、そのときよりも人が多かったように思う」と語っていた。

いいよなあ、テストの誘致を鈴鹿とかもてぎでもやればいいのに。全チームのテストが実現したら日本だって数万人は訪れると思うのだが。ただ欧州からのテスト機材の運搬費がなあ。。

・マレーシア、2009年のナイトレース開催を視野に

ひょっとしたら赤道直下の酷暑のグランプリは今年限り?そう考えると行ってみたい気持ちも出てくるなあ。体力的にはキツそうだけど。
観客からしたら日没後の観戦のほうが楽だろうけど、スコールに降られたりドライバーが体力的にキツかったりの希有なグランプリではあるのだよなあ。結局はこれも欧州のゴールデンタイムに合わせた戦略だよなあ。

シンガポールと連戦してくれたら、続けて滞在する観客も増えて観光も楽しめるだろうに。そのあたりうまくカレンダーを組んで欲しいものです。

・ミハエル・シューマッハ、インドで「飲んだら乗るな」キャンペーン
2008年大手飲料会社、バカルディ-マルティニ・リミテッド社の世界的社会責任大使となったシューマッハは「飲んだら乗るな」キャンペーンのために2月にインドを訪れる。
シューマッハのキャンペーンのキャッチフレーズは「いいかい、僕はチャンピオンだ。でもパブに行くときには車に乗らない。車に乗るときは飲まない」になる予定である。
このキャンペーンはドイツで実施されたバカルディのキャンペーンを手本にする予定である。「ドイツ中のパブにドライバー用コーナーを用意した。その夜のドライバー役(通常パブを訪れた友人の中で指名されるひとり)は、無制限のスナックとソフト・ドリンクを提供される。難しいことは何もない。彼または彼女は、道路で失敗することなく友人たちを家に送り届けることができる」

成功した人物の社会に対する貢献は、寄付することだけではないということだねえ。

Black design
http://www.blackdesign.jp

e528a88e.jpghttp://f1.gpupdate.net/ja/news/2008/01/21/178175/
ホンダF1チームは、明日からプレシーズンテストをヴァレンシアで行うことになっている。チームは新たにテストドライバー契約を結んだアレクサンダー・ブルツをテストに起用する予定だ。また、フォーミュラ・ニッポンとスーパーGTで活躍する小暮卓史も2日間のテストに参加する。
27歳の小暮は水曜日と木曜日の2日間に渡ってホンダチームとともにテストを行い、RA107マシンを走らせる予定だ。小暮はフォーミュラ・ニッポンとスーパーGTでのパフォーマンスが認められ、ホンダが若手ドライバー育成のために立ち上げた「フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト」の一環として今回のテストドライブの機会を与えられた。
今回のテスト走行について、小暮は次のようにコメントしている。「F1マシンをドライブするのは今回が2回目だけど、本当に楽しみにしているよ。いいパフォーマンスを発揮できるように、ベストを尽くし日本でのレース経験をフルに使いたい。テストから多くのことを学べると思うし、特に世界で最も優れたレーシングドライバーたちと相見えているチームのF1ドライバーとともに作業をすることから学べると期待しているよ。ホンダ・レーシングF1チームやホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクトには今回の素晴らしい機会を与えてくれたことに心から感謝したいね」

昨年は色々なことがあった小暮ですけど、まだ27歳。F1の夢はまだまだ諦めるわけにはいきません。とんでもないタイムを叩きだしてパドックの皆様にアピールして欲しいですね!

2d0a5b2c.jpgJ-wave、今日のグルーブ・ラインは「フォロークイーン史香」です。
http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

どんなネタでも関係各所に迷惑のかからないフォローを瞬時に組み立てる秀島史香さんが、リスナーの愚痴や不満を千本ノックのごとく回転レシーブでフォローしまくります。

始まってまだ3分だけど拾って拾ってまじヤバいっす。

大井町阪急3月閉店?の噂
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=27185713&comment_count=12&comm_id=255022
大井町阪急が3月に閉店?
1Fの食品売り場は存続?
立て直し4年後?

http://www.hankyu-ooi-ds.jp/

最寄り駅ではないけど、たまにプラっと買物に行く大井町界隈。阪急のなかのBOOK OFFは書籍の重さで床が傾いているわ迷宮のように入り組んでるわでいい感じなのになあ。新ビルになって賃料が上がるとBOOK OFFは戻ってこれないかもしれませんなあ。注意深く見守りましょう。

Black design
http://www.blackdesign.jp

e8dfe076.jpgついに噂の約27万円の超低価格車「Tata Nano」が発表されました
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070111_tata_nano/

インドの自動車メーカー「タタ モータース」が開発した超低価格車「Tata Nano」が発表されました。そのお値段はなんと2500ドル(約27万円)。2008年中にインドで販売されるそうですが、いつか日本では発売されるのでしょうか?
パワステ、エアコンを排除したりなど、その他いろいろと徹底したコスト削減を行った結果実現した超低価格のようです。
「Tata Nano」のサイズは、長さ3.1メートル、幅1.5メートル、高さ1.6メートル、そして、エンジンスペックは、後輪駆動、オールアルミニウム、2シリンダー、623CC、33馬力となっており、日本の軽自動車の規格にとても近いものになっているようです。
http://www.tatapeoplescar.com/tatamotors/index.php

このサイズだったらゆったり二人乗りのがいんじゃない?と思わなくもないが堂々の四ドア、前後にデフォルメされたフォルムはチョロQを彷彿とさせます。
最大公約数的な作られ方の日本の軽と比較すると「安さだけを追求」というスタイルは潔いし、ある意味魅力的。快適装備を省くことで車重が軽くなり、そこそこの燃費で走ってくれるかもしれない。

快適な車ではなかろうと思われますが、都心を走ってたら目立ちそうです。旧FIAT500を見かける感覚に近いかもしんない。