Skip navigation

2313b321.jpg東京、品川が有力に=リニア新幹線乗り入れ−JR東海
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2007122800533
JR東海が2025年に開業を目指す「リニア中央新幹線」について、これまで「首都圏」としてきた乗り入れ先を、東京、品川、新横浜の3駅に絞り込んでいることが28日、明らかになった。「中京圏」は名古屋駅となる公算が大きい。「東海道新幹線と結び付ける」(首脳)ことで、東海道と中央リニアの両新幹線を容易に選択できるよう利便性を高める。
首都圏3駅のうち有力なのは、東海道新幹線の起点である東京駅とJR東海が「のぞみ」全列車停車や再開発など拠点化を進める品川駅。ルートは実験線の東端となる山梨県上野原市からさらに東進し、東京都心を深さ40メートル超の大深度地下トンネルで貫く構想とみられる。ただ、建設条件などで都心ルートが困難な場合は新横浜駅とするか、または同駅を経由して東海道新幹線と並走し、東京駅に乗り入れる可能性もある。

2025年、17年後ですか。我々の生涯の間にリニアの営業運転などできるとも思ってなかったので、わりかし早くできてしまうのかなあ、という印象です。幾多の問題は存在するのでしょうけど。

先週話題になってたニュースが
リニア、別ルートに戸惑いの声 諏訪沿線「経済効果、期待できぬ」
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20071227/CK2007122702075291.html
リニア中央新幹線についてJR東海の松本正之社長が、南アルプスをトンネルで貫くルートを想定して整備費5兆1000億円を試算、全額自己負担で建設する考えを表明したことをめぐり、これまで別のルートを想定して建設促進を進めている県や沿線自治体に26日、戸惑いの声が広がった。

このニュースに関しては「東京大阪を最優先で結ぶべきなのに、なにこの諏訪ヘアピンコーナー?」とか「いまだ土建屋と癒着した政治家の力でルートが決まるのか?」などの意見が出てました。
但し諏訪ルートは、トンネルが少なくて済むので総工費が安くなるルートらしい。しかし諏訪は地質学的に不安定という意見もあり。
各自治体とか政府とか、それぞれの思惑が錯綜して結局妥協点で落ち着いてしまうよりも(本当に可能であるなら)JR東海による全額自己負担の建設、というのは理にかなってるよね。営利を目的とした組織による、総合的な判断で作られたルートが可能だと思う。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。