Skip navigation

9c5c91bd.jpghttp://www.sanspo.com/baseball/top/tig200712/tig2007122000.html
モーツァルトより六甲おろしよ!! 世界的な女性ピアニスト、サラ・デイヴィス・ビュクナーさん(48)=米国=が19日、甲子園を訪れ、阪神・宮崎恒彰オーナー(64)と面会した。95年の来日時から虎党になったビュクナーさんは、教鞭をとるカナダの大学で生徒に六甲おろしを教えるという筋金入り。「世界中に阪神の素晴らしさを伝えたい」。虎に最強の広報ウーマン誕生だ。95年の初来日で虎に魅せられたビュクナーさんは、大学の授業に『六甲おろし』を採り入れていたのだ。「歌詞もメロディーも素晴らしい。大学の授業で歌わせようとしたとき、生徒は最初『クレイジー』と言ってましたが、今は歌ってくれるようになりました」最近では「阪神ファンが球場で六甲おろしを真剣に歌うように、アナタたちもモーツァルトを弾きなさい」と指導している。研究室のドアには毎朝、インターネットで調べた阪神の試合結果とセ・リーグ順位表を貼り出すのが日課という。
★虎モデル電子ピアノ
 ビュクナーさんは星野阪神が優勝した03年、V記念として13万8000円の虎モデル電子ピアノを購入した=写真、提供・河合楽器製作所。自動的に六甲おろしが流れる300台の限定品。「米国への送料の方が高かったけどネ」という入れ込み具合は、筋金入りの虎党だ。

私は野球観戦は大好きだが、特定の応援する球団があるわけではない。単純にまったりと中立的な立場で観戦するので満足。だからなのかなんなのか『熱狂的な応援団』が大好きである。さらに言うと『「阪神ファン」のファン』であるし『「浦和レッズ」サポーターのファン』でもある。熱狂的に我を忘れて人生をかけてなにかを応援することは素晴らしいことだ。そんな彼らを羨ましくも思うし、そこまで応援されるチームというのも素晴らしいことだと思う。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。