Skip navigation

e34c6838.jpghttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/109952
仏教の新たな形を模索するイベント「東京ボーズコレクション」が15日、東京都中央区の築地本願寺で開かれた。天台宗、真言宗、浄土宗など8宗派の僧侶有志による企画。お経とラップの共演など数々のプログラムが用意されたが、中でも異彩を放ったのが本堂に特設舞台を設けたファッションショーのような法要だ。
 尼僧を含む36人の僧侶が、赤、緑、黄と色とりどりの衣やけさをまとい、各宗派の声明(しょうみょう)を披露。観客が囲む細長い通路をゆっくりと歩き、最後はパイプオルガンの伴奏で合唱しながら、ハスの花びらをかたどった紙をまく「散華(さんげ)」を行って、世界平和を祈願した。おごそかさに華やかさが加わった雰囲気に、本堂を埋め尽くした観客は大いに沸いた。

完全に突き抜けてる感がしますねえ。仏教とか坊さんとか、我々にはあまりなじみのない存在がこうして弾けるイベントは興味深いです。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。