Skip navigation

アロンソ、ルノーとの契約で最高年俸ドライバーに
New Renault deal makes Alonso highest earner
スペイン紙 “El Mundo” によると、フェルナンド・アロンソが新たにルノーと契約すれば、F1で最高年俸のドライバーになるという。
同紙は、まもなくアロンがサインしてルノーが発表するとみられる契約により、彼はフェラーリの現ワールドチャンピオン、キミ・ライコネンの2008年年俸を上回ると報じている。
チームメイトはブラジル人ルーキーのネルソン・ピケ・ジュニアである。アロンソの2年契約(シーズンあたり5,000万ドル(55億8,600万円*)と推定)では、彼のスポンサー活動は最小限にとどめられ、明確なナンバー1待遇と「解約」条項が含まれている。
スペインの “El Pais” 紙は、マクラーレンのチーム代表ロン・デニスは、アロンソの2008年の最終計画の発表を待って、ペドロ・デ・ラ・ロサ、ヘイキ・コバライネン、エイドリアン・スーティルの中からルイス・ハミルトンのチームメイトを選ぶと報じている。

アロンソ,離脱のオプション条項を獲得!?
今週,F・アロンソはルノーとの再契約を正式発表するとみられているが,この契約にあたってチームと「成績によっては1年でチームを離脱する権利」の特別条項を含ませることに成功したようだ。今年のルノーは成績不振で中団勢に沈んでいるため,これが改善しないようであれば直ぐにチームを離脱することになる。

ホンダのファクトリーに行ったとかいう噂も流れたけど、離脱オプションゲットするためのブラフだったのかな。いずれにしても現時点の選択肢の中で最適な所に行けてよかった。プロスト化していたら彼にとってもF1にとっても悪い一年になってしまうところでした。

広告

2 Comments

  1. とうとう決まりましたねぇ・・・

    で、コバライネンは、マクラーレン?
    ラルフは何処に?

  2. マクラーレン、スーティルなんて噂もありますがコバライネンでしょうねえ。ラルフは引退っぽいです。フィジケラもこのままフェードアウトですかねえ?


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。