Skip navigation

2126e1ff.jpg普通のブラインドが陽射しを遮り明るさを調節するのと同じように、羽の開閉で光量が変 わる照明器具です。羽一枚一枚の裏側に無機ELという面発光する光源が取り付けてあり 、傾斜によって反射して室内に入る光の量が変わります。何もない壁に掛けても、無機E L特有の青みがかった光が朝の陽射しのように見え、まるで窓があるかのように感じられ ます

現物を見たわけではないですが、写真で見ると本当にそこに窓があるかのよう。時差ぼけ解消にも役立ちそう。
無印の空気洗浄機が壁にくくり付けの換気扇のデザインをしていることに、考え方としては近いかも。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。