Skip navigation

Monthly Archives: 12月 2007

bae6d2cf.jpg年末らしく(?)いか天の総集編を放送中。そんな昔の番組でもないと思ってたのに、出演者のファッションだの髪型だの見ると、恐ろしく時代の変遷を感じる古さ。

wikipediaによると
1989年2月11日に始まり、1990年12月29日に多くのバンドを輩出して幕を閉じた。

18年前ですか〜。しかも2年弱しか放送してなかったのですね。
排出されたバンドで一番好きだったのはLITTLE CREATURESです。

2313b321.jpg東京、品川が有力に=リニア新幹線乗り入れ−JR東海
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2007122800533
JR東海が2025年に開業を目指す「リニア中央新幹線」について、これまで「首都圏」としてきた乗り入れ先を、東京、品川、新横浜の3駅に絞り込んでいることが28日、明らかになった。「中京圏」は名古屋駅となる公算が大きい。「東海道新幹線と結び付ける」(首脳)ことで、東海道と中央リニアの両新幹線を容易に選択できるよう利便性を高める。
首都圏3駅のうち有力なのは、東海道新幹線の起点である東京駅とJR東海が「のぞみ」全列車停車や再開発など拠点化を進める品川駅。ルートは実験線の東端となる山梨県上野原市からさらに東進し、東京都心を深さ40メートル超の大深度地下トンネルで貫く構想とみられる。ただ、建設条件などで都心ルートが困難な場合は新横浜駅とするか、または同駅を経由して東海道新幹線と並走し、東京駅に乗り入れる可能性もある。

2025年、17年後ですか。我々の生涯の間にリニアの営業運転などできるとも思ってなかったので、わりかし早くできてしまうのかなあ、という印象です。幾多の問題は存在するのでしょうけど。

先週話題になってたニュースが
リニア、別ルートに戸惑いの声 諏訪沿線「経済効果、期待できぬ」
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20071227/CK2007122702075291.html
リニア中央新幹線についてJR東海の松本正之社長が、南アルプスをトンネルで貫くルートを想定して整備費5兆1000億円を試算、全額自己負担で建設する考えを表明したことをめぐり、これまで別のルートを想定して建設促進を進めている県や沿線自治体に26日、戸惑いの声が広がった。

このニュースに関しては「東京大阪を最優先で結ぶべきなのに、なにこの諏訪ヘアピンコーナー?」とか「いまだ土建屋と癒着した政治家の力でルートが決まるのか?」などの意見が出てました。
但し諏訪ルートは、トンネルが少なくて済むので総工費が安くなるルートらしい。しかし諏訪は地質学的に不安定という意見もあり。
各自治体とか政府とか、それぞれの思惑が錯綜して結局妥協点で落ち着いてしまうよりも(本当に可能であるなら)JR東海による全額自己負担の建設、というのは理にかなってるよね。営利を目的とした組織による、総合的な判断で作られたルートが可能だと思う。

a7c8a209.jpg大掛かりに荷物の整理中。取り急ぎ必要のない本は全てBookOFFへ。PC用品やらはヤフオクへ。
空いたスペースを増やすことで快適な生活を目指すということ。
で、使えるものは必要な人に使ってもらうということ。
土地が高い地域で暮らすには必要な生活の知恵だなあと実感。

私も出品してる切手デザイン展がexciteニュースに。
http://www.excite.co.jp/ism/concierge/rid_1137/pid_1.html

2df25df2.jpghttp://www.j-cast.com/mono/2007/12/10014316.html
黒いティッシュペーパー登場 大昭和ファースト
大昭和ファーストは、国内メーカー初の黒いティッシュペーパー「黒のティッシュ」を全国発売すると2007年12月4日に発表した。パッケージも黒で、「インテリアの一部のように部屋にとけこみ、さりげない高級感を演出します」と同社ではPR。イオンの子会社・ブルーグラスの店舗BEAUX-ARTS(ボザール)を中心に販売する。価格は単品の希望小売で500円。

おお、これはBlack designとしては揃えなければならぬアイテムですな。
ちなみにスターフラヤーでも使われている黒のトイレットペーパーも入手済。
しかし値段が値段なので、いまだに未使用のままw
http://www.starflyer.jp/index.html

Black design
http://www.blackdesign.jp

ネット環境を(今さらながら)光に移行予定。
NTTフレッツなのだが、プロバイダー選びが難航。
長らくasahi-netを使用してきたが、サポートの電話が最悪なので別の所に移行しようかと。

さらには光でんわに以降すべきかどうかとか、どこに申し込んだら良いのかとか
難題続出。

量販店とかで、各社ブースを出して宣伝活動してるけど、
そういうんじゃなくて、第三者的視点からネット環境を推奨選択してくれて
代理で手続きもやってくれるような有料サービスがあればよいのに。

Black design
http://www.blackdesign.jp

7a8aca56.gifhttp://www.xshibuya.jp/

東京商工会議所渋谷支部が運営するクリエイター系SNS。以前から興味は会ったのだが、今回紹介していただける方がおり(ありがとうございます!)めでたく加入。
http://sns.xshibuya.jp/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=3432

雨後のタケノコのように乱立する振興SNSではあるが、XSHIBUYAは割と良く聞くので結構な会員数と思ったが3,000人程度ですね。地区と業界を限定すると、やはりそんなにいきなりは広がらないのかもねえ。
まだ始めたばっかりですけど、色々と活用してみたいです!

42727ac6.jpg知り合いと飲んでて「新宿にレトロなゲームばかり置いてるゲーセンがある」と聞き、飲みを中断してわざわざ新宿まで向かう。

新宿ゲーセン・ミカド
http://mi-ka-do.net/

●置いてあるゲーム(一部抜粋)
アウトラン(純正可動SD筐体)
ダライアス〜OLD ver〜(19インチ純正3画面)
アフターバーナーII(ミニアップライト筐体)
ガントレット(スイング筐体:4人同時プレイ可)
グラディウス
ファンタジーゾーン
R-TYPE
沙羅曼蛇SP
ゼビウス
クレイジークライマー
ドンキーコング(テーブル筐体)
アルカノイド(テーブル筐体)
ペンゴ(テーブル筐体)
アルゴスの戦士
マリオブラザーズ
Mr.Do!

という半端ないラインナップ。中学高校時代にタイムスリップしたかのような感覚です。

せっかくなのでR-TYPEとアフターバーナーとダライアスをやってみる。ゲームのルールやらなんやらは全く覚えてないのだけれど、体はかすかに覚えていて敵に合わせて勝手に体が動いて行く。懐かしくてとても新鮮。

グラディウスの制作年は1985年。22年前ですか。この場所を教えてくれた友人(グラディウス一周をノーミスクリアw)と知り合う遥か昔、遠く離れた場所で同じゲームをしていたということ。
我々よりもっと古い世代で言えば、例えば浅間山荘事件をテレビで見たとか、アポロの着陸のニュースを聞いたとか、東京オリンピックとか、関西であれば大阪万博に行ったとか。そういう共通時代認識と同等の感覚を共有できた夜でした。

五反田駅前、現在いろいろと再開発中です。東急のビルと駅を一体化させるとも言われているし、駅のすぐ西側にも建物建設中。五反田というキャラクターを考えたら「五反田駅ビル」というしょぼい建物になると思っていたが、本日覆いをはずれた部分を見てみるとatreの看板が!うーわー、おしゃれ系駅ビルの代名詞が五反田に来ますか〜イメージダウンにならなきゃいいけど、などと逆に心配w

せっかくなので、atre五反田に入って欲しいテナントを考えてみよう(せまいビルなんだけど・・)
・有隣堂
・HMV
・御門屋(揚げまんじゅう)
・虎屋
・無印良品
・伊東屋
・ビックカメラ
・木村屋(あんぱん)
・はしご(ラーメン)
・秋葉館
・Apple store

ecd3513b.jpgmacで見れるワンセグチューナー購入。
http://www.iodata.jp/prod/multimedia/tv/2007/gv-sc200m/index.htm

今年一年振り返ってもテレビってF1とその他スポーツ中継とニュースくらいしか見ないので、パソコン上でワンセグ見れたらテレビを処分(ヤフオク)できるかなと思い。

でもまあF1くらいはキレイな画面で見たいし、開幕に向けて将来の地デジも意識しつつ小さめの薄型テレビか安いプロジェクタを買おうかなどと考え中。

とりあえずワンセグ。アンテナを窓の近くに置かないと映らないかと思っていたが、そんなこともなく普通に見れる。ニュースとか見るには充分の画質ですな。

54226fdd.jpg立体化するクリスマスカードです。しかしこういうのが届きだすと年末が近いことを思い知らされます。スーパーで牛乳の賞味期限を見るとあっとゆうまにクリスマスで、あっとゆうまにお正月の日付。
なんとなく今年を振り返ると、もうちょっと頑張れたような、やりたかったけどできなかったことも沢山あり、でも色々な初めてのことを経験して勉強になったような気もあり、毎年考えるようなことを思いつつ年が更けてゆく。