Skip navigation

アロンソ マクラーレンを離脱
http://f1.gpupdate.net/ja/news/2007/11/02/172965/
マクラーレンチームは、フェルナンド・アロンソとの間で彼がチームを離脱することに合意したことを本日発表した。アロンソはマクラーレンとの契約があと2シーズン残っていた。
アロンソはこれからF1での新たな挑戦を見つけることになった。彼はルノーに戻ることが予想されている。チーム代表のフラビオ・ブリアトーレはアロンソ復帰を心から願っていることを公の場で明らかにしている。
「僕は子供のころからいつもマクラーレンをドライブしたいと思っていた。でも、ときに人生は上手くいかないものなんだ」と、アロンソは公式発表の中で述べた。「マクラーレンが素晴らしいチームだと信じ続けているよ。シーズン中はアップダウンがあったのは確かだし、それが僕たちにとって余計な挑戦になってしまった。本当に居心地がよく感じられなかったのも事実だよ。チーム内にえこひいきがあるのはわかっていたし、戦いの真っ最中にみんながあれこれ言っていたのもわかっていたよ。でも、結局は常に勝つチャンスを平等に与えられていたと思うんだ。今日の決断でみんなが2008年に集中できるようになった。今シーズンに一緒に働いてきたチームやボーダフォン、サンタンデール、ムトゥアマドリレーナなど全てのチームパートナーに素晴らしい将来がくることを願っているよ」
ロン・デニスはアロンソの幸運を願っている。「ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスの全員、特にマクラーレンのパートナーであるサンタンデールやムトゥアマドリレーナ、タイトルスポンサーのボーダフォンはフェルナンドの素晴らしい将来を願っている。彼は最高のドライバーだが、ある理由によりボーダフォン・マクラーレン・メルセデスとフェルナンドとの関係が上手くいかず、最終的には前進する道を見つけることができなかった。我々は別々の道を歩むというこの決断が最高だと信じており、今後は2008年のワールドチャンピオンシップの挑戦に向けて集中していくことになるだろう」

充分に予想されていたことだけど、それでも俺は「契約期間中は、針のむしろであろうとアロンソはマクラーレンに在籍する」と信じてた。その根拠は選手権を勝てるチームに空席がないこと。そしてアロンソは勝つことをモチベーションとするドライバーであること。
少なくとも来年/再来年のF1を左右する大きな決断だったと思う。2-times championで終わる可能性も非常に高いが、ミハエルの去った新たなF1で新たな挑戦に身を投じることになった。

賽は投げられ、ストーブリーグの行方が慌ただしくなった

・マクラーレン
 ルイスの相棒は、噂に出てるのはニコ、コバライネン、バトン(英国人ゆえ?何度目の契約破棄?)

・フェラーリ
ライコは盤石。契約延長したマッサ、ドラーバー契約とは言われてないことが気がかりだが、ブラジル国民には契約破棄を受け止められるようなことをフェラーリは選択しないと思う。またアロンソとしてもまたチームメイトとのガチンコバトルに気を取られたくはないだろう。

・BMW
トップ2のチームが埋まってるのを考えると、三番手に急躍進してきたBMは魅力的なチーム。ただドライバーの契約も済んでるし、チームのカラーに合うかどうかも謎。

・トヨタ
金はあるが、勝てるチームじゃない。アロンソ友人のヤルノに「このチームはやめた方が良い」とまで言われるw

・RedBull
金もあるし、来年は化けるかも知れない。しかし今年も化けると言われてて不発だしリスク高杉。

・ルノー
現段階では最もアロンソが移籍する可能性が高い(消去法ともいえるけど)。懸念材料は年棒があまり多く出せないことと複数年契約をアロンソが気にしていること。さらに勝てるチームなのかどうなのかも不透明。ただ他に選択肢はないんだよね。そういう意味で、マクラーレンとの契約解除したことが理解出来ない。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。