Skip navigation

http://f1.gpupdate.net/ja/news/2007/10/04/169640/
オートスポーツの報道によると、チャンピオンシップリーダーのルイス・ハミルトンは日本GPでのセーフティーカー走行中の振る舞いについてレーススチュワードから調査を受けているということだ。
ハミルトンは日本GPのセーフティーカー走行時に急激にスローダウンし、セバスチャン・ヴェッテルとマーク・ウェーバーのクラッシュの原因を作ったと考えられている。FIAは、グランドスタンドにいたファンが撮影した映像を確認し、この件について再び調査を開始した。そして今回、新たな証拠がスチュワードから提出されたことを明らかにした。

うーん、確かに微妙な動きだったしベッテルにもウエバーにも残念な出来事を引き起こした一因だというのは間違いないが、まあSCの後ろでは皆がやってることで事故が起きたから調査というのもなんだかなあ。それにF1のサーキット動画の撮影は(表向き)禁止されてるのに『ファンが撮影した映像』というのもいやはや。

てゆかこの調査の前に富士の観客に対する酷い仕打ちの方を先に調査しろと思うが。。

惨状まとめサイトまでできてるよw
http://www42.atwiki.jp/kusotoyota/

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。