Skip navigation

18790261.jpg(以下HPより転載)
**********************************************************************
クラムボンにとって毎年恒例、日比谷野音でのワンマン・ライヴ! 今年も“tour Musical”の最終日に予定しておりますが!! 先行予約の段階で、予想をはるかに超えるたくさんのお申し込みをいただきました。
「野音見れなくて残念!!」というたくさんの声に応えるべく。 そしてメンバーとスタッフから、感謝の気持ちを込めて。 同じく日比谷公園内にあります『日比谷野外小音楽堂』にて、フリーライヴを、開催することにいたしました。
**********************************************************************

てなわけで、平日昼間もなんのそので行ってきました。1000人くらい収容できるらしいけどほぼ満員で、中央の後ろの方で立ち見しました。

敷地内に大木が何本も立ってて、木漏れ日のなかのんびりのんびり鑑賞。暑いけど風は涼しく、ステージの後ろは抜けてて大きな噴水が。
(昼間の公演のど真ん中のホールだし)音量に制限があるらしく、スピーカーの音はちょっと控えめ。蝉の大合唱も聞こえてくるが、これはこれで格別な時間。クラムボンとスタッフさん、事務所の皆様に感謝感謝です。

・郁子ちゃん

「featuring 風ってことで」

ピアニカとか小さい鉄琴みたいのも披露。

ソロの曲もやりました。

・ミトくん

「曲順、ぜんぜん決めてないです」「すごいひさしぶりにやる曲だよ」フリーライブだから好き勝手に気の向くままに選曲してやってた模様。そういう意味でも貴重なライブでした。

エビスビールのCM曲で「なんでこの曲でこんな盛り上がる!?」

久しぶりにカラオケに行った人みたいに「ちゃんとできるかなあ?」と言ってから演奏開始するクラムボン萌え

ステージ上でシャボン玉吹いてた女の子は、ミトくんのお子様ですか?

・大ちゃん
客席の中央に大木があり、それのおかげでまたもや私の立ち位置からは大ちゃんの表情が全く見えず。

・その他
記録映像、ビデオだけじゃなく8ミリ(Hi8ではなく、現像する8ミリ)で撮ってる人がいた。クラムボン的な、ノスタルジックな味わいの映像になりそうで見てみたいです。

ステージの裏側からも丸見えなので、ランチを終えたサラリーマンとかが「これはなんの集会だ?」といった表情で通り過ぎる

フリーライブだし、30分とか40分とかだと思ってたが、一時間半(+アンコール!)もやってくれた。もちろん堪能させていただきました!とはいえ、こんなに長いとは思っておらず、しかも帰るに帰れず昼休みを長時間オーバーし、課長に怒られたサラリーマンも多いと思われ。

博多百年蔵ライブを見てしまうと、九州人の「間の手」や「ヤジ」が恋しくなるのう。

情報を教えてもらったclammbonコミュ内トピック。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=19491786&comment_count=100&comm_id=1713
セットリスト
1. THE NEW SONG
2. I Shall Be Released
3. Id
4. 華香るある日
5. 波は
6. なみだ と ほほえむ
7. シカゴ(病み上がり)
8. 波よせて
9. のんびり
10.Bass,Bass,Bass
11.おだやかな暮らし
12.サマーヌード

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。