Skip navigation

Monthly Archives: 1月 2007

● 観戦チケット概要 【発表済み】・指定席券、自由席券および車いす専用席券の3種類で、いずれも入場料込み、3日間と押し券のみ。・販売方法は抽選販売、旅行会社による先着順販売(観戦チケットを含む旅行商品)と車いす専用席券の販売。・販売受付開始はいずれも2007年4月2日(月)10:00から。
● 販売スケジュール ・抽選販売の第2次抽選以降と車いす専用席券販売のスケジュールを変更。(4月2日10:00からの販売受付開始は従来どおり)
● チケットコールセンターおよびF1チケット申し込み専用サイトの開設
・観戦チケットに関する電話での問い合わせ専用窓口として、チケットコールセンターを2月1日(木)10:00からオープン。受付時間は平日10:00〜17:00。・インターネットによるF1チケット申し込み専用サイトを3月15日(木)10:00から オープンし、お客さま情報の事前登録を開始。
 ■日本GP
  http://fswf1.jtb.co.jp/
  http://www.fujispeedway.jp/ticket/

・バレンシアテスト初日:1月30日
1. フェルナンド・アロンソ – マクラーレン・メルセデスMP4-22 – 1:12.538(+0.000) – 96周
2. キミ・ライコネン – フェラーリF2007 – 1:13.533(+0.995) – 48周
3. ネルソン・ピケJr. – ルノーR27 – 1:13.550(+1.012) – 31周
4. フランク・モンタニー – トヨタTF107 – 1:13.672(+1.134) – 38周
5. J. Trulli – トヨタTF107 – 1:13.722(+1.184) – 54周
6. ニック・ハイドフェルド – BMWザウバーF1.07 – 1:13.863(+1.325) – 56周
7. ジャンカルロ・フィジケラ – ルノーR27 – 1:13.871(+1.333) – 37周
8. ルーベンス・バリチェロ – Honda RA107 – 1:14.018(+1.480) – 35周
9. セバスチャン・ベッテル – BMWザウバーF1.07 – 1:14.047(+1.509) – 81周
10. 中嶋一貴 – ウィリアムズ・トヨタFW28 B – 1:14.527(+1.989) – 79周
11. ジェームズ・ロシター – Honda RA106 – 1:14.638(+2.100) – 43周
12. 佐藤琢磨 – SUPER AGURI Honda RA106 – 1:15.684(+3.146) – 31周
13. マーク・ウェバー – レッドブル・ルノーRB3 – 1:15.729(+3.191) – 32周
14. ルカ・バドエル – フェラーリ248 F1 – 1:16.388(+3.850) – 48周

一貴、琢磨よりも速いタイム!まだ初期テストだし車も違うけど片鱗は感じさせますね!

・SAF1,3月12日に東京で新車発表!
SUPER AGURI F1 TEAMが,3月12日に日本・東京にて新車発表会を執り行うことを決めた。F1チームが日本で新車発表会を行うのは初めてのこととなり,今シーズンを戦う「SA07」を大々的にお披露目することになる。

東京でやるというのも凄いなあ。走行もするならお台場かな?むしろ都心のど真ん中を封鎖して走って欲しい!

・モントーヤ,アメリカで華々しく復活
昨シーズン中盤を最後に,元マクラーレンのJ・P・モントーヤはF1を去ってアメリカに戻ったが,先週日曜日に行われた「デイトナ24時間」でみごと優勝を飾った。モントーヤは新天地でもポテンシャルを発揮しており,今後のさらなる活躍が期待されている。
・モントーヤは成功できたはずだと主張するフライ
確かに合うチームと合わないチームがあっただろうな。少なくともマクラーレン向きのドライバーではなかった。

・イギリスの専門誌『Autosport(オートスポーツ)』によると、ブリヂストンから供給されるタイヤを2種類とも決勝中に使用するよう義務付ける新ルールに加え、チームにはあらかじめスタート時のタイヤチョイスの報告が求められるという。ちなみに、その情報は決勝スタート直後に公表される。
あらかじめ一方のタイヤを赤く塗られたのでは戦略がライバルに見え見えと、レッドタイヤ導入に反対だったチーム側だが、FIAのF1レースディレクターであるチャーリー・ホワイティングのこの案が実現すれば、レッドタイヤも必要なくなる。

なんか微妙なルールですけど、、どうなりますやら

・マレーシアGP、存続の見通し
マレーシアGPが、現在の契約が失効する2010年以降、F1年間カレンダーから消える可能性があるとの憶測があるが、オフィシャルはこれを否定した。

日本から近いGPだし、なんとか存続して欲しいです。

広告

0e24e95c.jpgiPod shuffleにも五色のバリエーションが登場。
http://www.apple.com/jp/ipodshuffle/

これで、iPodで多色展開してないのって、
私の愛樹、iPod shuffle(初代)ぐらいしかないかも。

5d1977c4.jpg某社宣伝部に勤める知人が「膨大な数の招待券が届いた」というので、ちょっと貰ってやることにした。気の利かぬ男手、うちに届いたのも膨大な枚数orz

http://www.jagat.or.jp/page/2007/index.htm
しかもサイト見てみたら、誰にでもいくらでも無料で招待してくれるものだったらしいorz

http://www.r-agent.co.jp/pr/1201/?vos=nablprsm5901061207
リクルートのweb関連の人材派遣らしい。
大盤振る舞いやなあ。

とりあえず今後web制作で会社勤務することはないと思うが、プレゼントにひかれて申し込む。タブレットが欲しいのさ。クイズにちょっと緊張したが(4問中3問の正解が必要)簡単な問題だったので問題無し。

http://funapon.info/chri/archives/2006_06.htm

毎日のクリステル姉さまのお写真と、そのファッションに対するグダグダな論評で構成され、大変興味深い。話は変わるが私は女子アナでいうとTBS木村郁美のファンである。
http://www.bs-i.co.jp/shokutaku/

遅れに遅れた2006忘年会を今更敢行(笑)。気のおけない友とバカ話をしつつ飲んで満足でござい。

http://honda-love.sblo.jp/article/3171260.html

Honda Racing F1 Teamの新型マシンRA107は、昨日1月24日(水)に、サーキットデビューを果たした。そして本日25日(木)、チームのドライバーとマネジメントを交え、RA107のテクニカル面に焦点をあてた“Technical Insight”と呼ばれるプレス向けイベントをスペイン・カタロニア・サーキットで行った。
このイベントは、昨シーズン、コンストラクターズランキング4位を獲得したHonda Racing F1 Teamが、新車の開発とチームの発展をどのように進めてきたかに焦点をあて、行われた。今回お披露目したRA107は、2月に発表する2007年シーズンを戦う新しいカラーリングとは異なり、黒と白のテスト専用カラーリングを施している。カタロニア・サーキットで新車を披露し、素晴らしい一歩を踏み出したレースドライバー、ジェンソン・バトン、ルーベンス・バリチェロ、そしてチームマネジメントは2007年シーズンの成功を祈願し、下記のようにコメントした。

いわゆるBlackBirdで新車登場。空力の詳細を他チームに見せないためということだけど、撮影されてるからねえ、それはどれだけの意味があるのかなあ??それよりも新カラーリングの発表を遅らせるためかな。BPがメインスポンサーでグリーンにカラーリング、ホンダとしてもエコロジーを強く打ち出すという噂もあるけど、どうなりますやら。

189b2c21.jpgINGルノーF1チームは24日、オランダ・アムステルダムでニューマシン、R27を発表した。マシンは見慣れたマイルドセブン・ブルーから一転、ホワイト×オレンジ×ネイビー×イエローに彩られている。
 オランダの世界的な金融グループであるINGのコーポレートカラー、オレンジを取り入れたカラーリングは新鮮な印象で、シェイクダウン時のネイビー×イエローのカラーリングからは大幅に印象が異なる。

もちろんタイトルスピンサーが変わるわけだからカラーリングが変わるのは当然なのだが、なんかもう見慣れない感じというかギクシャクした感じの車体。メインスポンサーのINGロゴ、そんなに目立って見えてないし。。三流チームに見える。

セキュリティ向上のために某東京三菱銀行と某三井住友銀行口座で導入した生態認証、「ほんとにこれ検証してんの?」と思い逆の手を置いてみたらちゃんとNG出したので信頼はできるのだろう。

しかし、生態認証に対応したATMが異常に少ないんだよね。先日まで一台も置いてなくてお金が下ろせないATMコーナーすらあった。

支店でも三分の一くらいしかなく、生態認証に振込の客(時間がかかる)で埋まってしまうと、後ろに並んでる人が通常ATMへと追いこされ、精神安定上よろしくない。どうにかならんもんかのう?

ふとラジオで聴いた「千の風になって」、いい曲だなあと思い探しに行く。聴きながらふと、どういう成り立ちの曲なのかなあと色々調べてみたら、
http://www.teichiku.co.jp/pop_classic/artist/akikawa/episode/
「千の風になって」という曲の原詩と言われる「A THOUSAND WINDS」は作者不詳の詩です。英国では95年にBBCがIRAのテロの犠牲者となった青年が、自分が死んだ時に開封するよう両親に託した手紙に残されていた詩だと紹介され大きな反響となったり、米国では同時多発テロの追悼式において、テロで亡くなった父親を偲び11歳の少女がこの詩を朗読し、その際においても大きな反響となるなどしています。
77年に映画監督、ハワード・ホークスの葬儀で俳優のジョン・ウェインが朗読したという話や、87年、女優マリリン・モンローの25回忌にも朗読されたという話もあります。
さらに、19世紀末に米国に渡った英国人が残した詩という説や、米国先住民から伝承された詩など、様々な諸説があります。

なぜこんなに心を打つのかと思ったけど、これは普遍的な死生観に基づくからなのだなあと納得できました。作者不詳と言うことだけど、いちおう作詞者は特定されてるそうです。
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/prof/1000winds.html
この詩が人々の共有財産であることを望み、全ての権利を放棄してるそうです。