Skip navigation

Monthly Archives: 9月 2006

9d26f85e.jpg一脚を購入。カーボン製。約半額で売ってた。
http://www.slik.com/monopod/4906752204337.html
今まで使ってたアルミ製の一脚と比べると、恐ろしく軽い。
荷物をかついでの撮影が多いので、強度とか値段よりも
軽さを最優先で決めたw

炭素繊維(カーボンファイバー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC

広告

AdobeのFlash8セミナーに行ってみる。
「初心者向け」と銘打ってはいたが、確かに初心者向けだわw。7割くらいは既に知ってることだったが、要所要所で何度か「こ、こんな便利なやり方があったのか」と、目から鱗。基本的な領域に置いても読み飛ばしてしまったこと気づかずに進んでしまったことって結構多い。これはソフト習得に限った事でもないんだろうけど。
さらにFlashVideoの話が色々。映像を乗せるウエブの事例をいくつも出して説明。「単純に映像再生をする」というのを超えて「ウエブと一体化する映像コンテンツ」時代はどんどん進化して行く。
アンケートを出すと「アドビ特製フリスクケース」をくれるというのでがんばって書いたが、あまりにもしょぼいビニールのケースでしょぼん。

天気がよいので長袖シャツを出す。
まとめて洗濯。
秋風に吹かれて気持ちよい。

eb9ab4a2.jpg本日購入した本。

1218725e.JPGもてぎのmotoGPフォト

b66bbf37.JPGもてぎのmotoGPフォト

d7a5b457.JPGもてぎのmotoGPフォト

★心臓移植:さくらちゃん「救う会」が募金活動 目標1億3600万円−−三鷹/東京
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060922-00000069-mailo-l13

一人の命がかかってるわけなので、非常に書きにくいではあるのだが、上記募金に対する疑念が色んなところで話題になっている。

まとめサイト
http://news.80.kg/index.php?%BB%E0%A4%CC%BB%E0%A4%CC%BA%BE%B5%BD
●問題点
・当人が先んじて努力を講じていない(親が裕福なのに何故か一切お金を出していない。)
・トリオジャパンも不明瞭な募金の使い方。また値段の設定の仕方。(デポジットや余剰金問題等。また、滞在費の値段設定などが一切あいまいで不明。そのほかにも過去の募金などででた余剰金などを一切使用していない)
・募金の使い方がおかしい(事務局経費など募金を集めるのにかかった費用全額募金でまかなうというおかしなもの。それだけならともかく、スタッフTシャツやのぼりなどを作成していること、規約に当てはめるとこれも募金でまかなう。また両親の海外滞在費用など本人負担も全て募金で負担していること)
・トリオジャパン等のアドバイスにより、世間の注目をあびるため募金目標額は多めに出している。
・親の拠出金は募金として処理するため、実際にいくら親がだしたかわからない
・そもそも親の資産だけで手術費用をまかなえる。募金する必要がない可能性がある
・夫婦が勤めるNHKも共済会がある。貸付制度もある。
http://www.disclo-koeki.org/02b/00523/
・寄付をよびかけるmixi内のチェーンメールもあるらしい。
・今までにも同様の募金はあるらしいが、会計報告が不可解だったりするらしい。余剰金は同様の難病に悩むところに寄付すればよいのに、そうした記録は全くないらしい。

別に資産家だから無一文になってでも自腹で手術しろ!という意味ではないが、処分できるものは処分してから寄付をつのるのが筋だろうというのが大方の意見。
実際のところはわからないが、詳細を語らない募金集めをし、不信感を多くの人に与えたことの罪は重い。本当に困ってる人の募金に対しても不信の気持ちが芽生えてしまう。疑いながら生きて行くのも悲しいし、そういう社会も悲しい。

アルゼンチンのプロゴルファー、ロベルト・デ・ビンセンツォはあるトーナメントで優勝し、
賞金の小切手を受け取って帰る準備をしていた。彼が一人で駐車場に向かっていると、一人の女性が彼に話しかけてきた。彼女は彼の勝利をたたえた後、自分の子供は重い病気にかかって死に掛けているがお金がないために、医者に見せることもできないのだ
と彼に伝えた。それを聞いて哀れに思ったビンセンツォは「これが子供のために役立てば良いのだけど」といって、獲得したばかりの賞金の小切手を彼女に握らせた。翌週、彼がカントリークラブで食事をしているとテーブルにゴルフ協会の職員がやって来た。「先週、駐車場にいたやつらが、君がトーナメントで勝った後、そこで若い女性に会っていたといっていたが・・・」ビンセンツォはうなずいた。「実は」と職員は続けた。「彼女は詐欺師なんだ。病気の赤ん坊なんていないんだ。結婚すらしていないんだよ。君はだまされたんだ」「すると、死に掛けている赤ん坊なんていないのか?」「そのとおりだ」すると、ビンセンツォは笑いながらこう言った。「そうか。そいつは今週で一番の良い知らせだ」と。

★NHK公式サイト
http://www.nhk.or.jp/
で「募金」と検索かけるとトップに表示される項目

募金詐欺に気をつけて!
募金詐欺に気をつけて!  募金詐欺に気をつけて!  ■みなさんは町を歩いていて、こんな経験をしたことはありませんか? 事務局に届いたお便りを紹介します。
http://search.nhk.or.jp/cs.html?charset=shift_jis&url=http%3A//www.nhk.or.jp/nhkvnet/alacarte/bokin/20000128.html&qt=%95%E5%8B%E0&col=pro+toppage&n=1&la=ja

c31bf676.jpgもてぎの広大な駐車場で、ルノーのトゥインゴの運転をさせてもらう。マニュアルを運転するのはひさしぶり。最後にいつしたのか思い出せないほど(学生の頃か?)しかも左ハンドル。

MTの運転は体がなんとなく覚えていたが、それよりもやっかいだったのは左ハンドルゆえの操作。ウインカーのレバーが右ではなく左にある。右側レバーはワイパー。なのでウインカーを出そうとするたびワイパーが動かしてしまう。

d9500beb.jpg世界最高峰の二輪レースmotoGPを、もてぎに見に行く。
http://www.twinring.jp/motogp/
モトGPクラスはロリス・カピロッシ(イタリア、ドゥカティ)、250ccクラスは青山博一(KTM)、125ccクラスでミカ・カリオ(フィンランド、KTM)が優勝。3クラスとも前年の日本GP優勝者が連覇を果たした。

やはり抜きにくいもてぎのロードコース。上位は予選結果から大きく変動なくレース終了。波乱と言えば、最終ラップの90°コーナーで4位の座をかけてジベルノーに勝負を仕掛けた中野だったが、接触して転倒、チェッカーを受けることはできなかった。大きく盛り上がった直後に大きな溜め息。でもレーサーだったら行けると思ったら迷わず行くべきだよね。またいつか華麗なオーバーテイクを期待。

もてぎ名物のバックストレートは結構なダウンヒルで、直後に90°コーナーを持つ難所だが、恐ろしいスピードで走り抜けて行く。強大なトルクによりシフトアップの際には前輪が浮かび上がってしまうほど(毎回、毎周回)しかしライダーはそれを押さえつけるでもなく優しく寝かしつけるように制御し、目もくらむ勇気でコーナーへと突っ込んで行く。世の中には凄い人たちがいるものだ。