Skip navigation

Monthly Archives: 3月 2006

63526860.jpg03用のプロテクター「まもるくん」を購入。
http://www.mamorukun.jp/detail_html/WC1376.html?r=brand&s=brand38
微妙にザクっぽくてよい。液晶カバーは邪魔なので外す。

広告

中央線の車窓、水道橋のあたりで、
ほとりに並ぶ桜の木を眺めつつボートに乗る人がちらほら。
なんとも平和な眺めだ。平日の昼間なのに。

しかし今日は気温も上がらず、風も強く、雨までぱらついて
コートが手放せない日。
「桜が咲いたからって温かくはしてやんねーぞ!」と
神様にいわれるような日。

引越の件も含めてだけど、12月くらいから延々と忙しい。心の落ちつかない日々。それはそれで良いことなんだろうけどね。
まもなく新年度。新入生やら新入社員やらうろうろする季節。今年の桜はじっくり見るヒマがないけど、満開に近付き狂ったように咲き誇る桜。

http://www.powered-by-formulaweb.com/news/f1news.cgi

●今月31日,FIAは2008年シーズン以降のエントリー申請を締め切るが,この申請窓口に元ミナルディ代表のP・ストッダード氏が姿を現し,「ミナルディ・チームの参戦申請」を行った。P・ストッダード代表は2005年末までチームを率いながら,資金難からチームの身売りを余儀なくされたが,この雪辱をはらすためにも再びF1チャレンジを行うことを決めた。なお,今回のF1チャレンジの母体は「European Minardi F1 team Limited」が担当し,昨シーズンまで参戦していたスタッフが再結集することになる。

現代F1にはしょうもないことが多く、もう見るのやめたい!と思ってしまうことも多々あるのだが、捨てる神あれば拾う神あり。ポールおぢさんの挑戦はまだまだ終わらない。心からエールを送ろう。

●エスエス製薬,ライコネン&モントーヤを起用
製薬大手の「エスエス製薬」は,4月1日からの「エスカップCM」にマクラーレンのJ・P・モントーヤとK・ライコネンを起用することを正式決定した。CMのテーマは“限界を攻めろ”で,過酷な環境で戦うドライバーをサポートするイメージでアピールする。

すごいメンツ。契約金はどれくらいなのだろう?

以前は仕事机に必ずのってた辞書、最近ほとんど開かなくなった。
もちろん「しらべもの」が基本の仕事なので
調べることはいろいろ発生するのだが、
ネット検索をかけた方が
色んな視点からの情報が得られることに気付いたからなのだろう。

もちろん紙の辞書が不要になるという意味ではない。
情報のソースをどこに求めるか常に判断するということ。

最近みつけて唖然としたサイト
円周率 1,000,000 桁
http://www.kisaragiweb.jp/pi/pi1m.htm
中身はタイトル通り。百万行だけあって少し重いです。

・マックとミニコンポをやっとつなげる。
 ひさびさにiTunesから音楽を聴く。快適。
・旧居の敷金の返却額が、やっと決定。

しかしまだまだ住所変更しなければならないものやら
整理しなきゃいけないものが山積み。
心の落ちつかない日々はまだまだ続く(気付いたらまもなく引越一ヶ月)

目黒近辺には目黒川、かむろ坂、林試の森公園と、桜の名所がいろいろあるが、普通の住宅街に立派な桜の木が一本だけ、こつぜんと咲いていたりもする。これもまた味わい深い。

都心に一軒家を維持するのも大変だろうけど、その庭で桜の木を維持するのもさらに大変だろう。電線までのびたら植木屋さんを呼ぶのだろうし、桜のスペースを潰せば駐車場で貸し出せそうだったりする(と貧乏な私は下世話な勘ぐり)
しかし金持ち喧嘩せずなのか、今年もいつものように花が咲く。ありがたいことだ。

F1の日本グランプリといえば秋に鈴鹿で行われてきたが、07年は富士で、しかも日本グランプリの名称で行われることが決まった(鈴鹿は一国二開催を目指して交渉中)

日本のF1の歴史を築いてきた鈴鹿に対してあまりにも敬意を払わないトヨタに対して、ネットでは非難轟々。
まあF1もビジネスだし、統括する団体のトップも金の事しか考えてない奴らばかりなのはわかっていたけど、「モータースポーツとして面白くしたい!」と思ってくれてるとは信じていたわけだが、それすらも難しいのだなあと諦めモード。

今回の契約の流れ。トヨタが富士スピードウエイ買収–>FIAお抱えのティルケ氏に改修を依頼(ごますり)–>今年で契約の切れる鈴鹿との開催地交渉(契約金・青天井)–>富士で開催決定

もちろん企業である以上、モータースポーツだって宣伝広報活動に他ならない。しかしスポーツである以上、競争相手とファンに対する尊敬と愛情が必要だと私は思う。
しかし「トヨタが来たレース・カテゴリーには、その後にペンペン草も生えない」という言い伝えもある。ここでこれまでのトヨタモータースポーツの歴史を振り返ってみよう。

*** トヨタ 栄光のモータースポーツ史 ***
【F1】 フェラーリスパイ疑惑!ドイツ検察当局に家宅捜索される。
【WRC】 リストラクター違反、内部告発でバレる。で、獲得ポイント剥奪&翌年のエントリー禁止
【CART】本田でCARTチャンプになったモントーヤを金で引き抜いて、
あたかもトヨタでチャンプになったかのよなCMをアメリカで流す。ルールを無視して金と政治力でレギュレーション変更させる。そこまでさせておいて撤退→ CART破産
【IRL】 ホンダに勝てないと知るや 即撤退。

http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/50452534.html
マイク・ローレンス
「わたしは個人的に、トヨタにはF1から出て行ってほしい。スポーツにトヨタの居場所はない。トヨタはスポーツの何たるかを理解していない」 「トヨタは市場では不正をしないが、スポーツになるといんちきをする」

3066c9e1.jpg部屋を整理してたら「電通鬼十則」が出てきた。
せっかくなので部屋に貼る。

1.仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。
2.仕事とは、先手先手と働きか掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3.大きな仕事と取組め! 小さな仕事は己を小さくする。
4.難しい仕事を狙え! そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5.取組んだら放すな! 殺されても放すな! 目的を完遂するまでは...。
6.周囲を引きずり回せ! 引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる。
7.計画を持て! 長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8.自信を持て! 自信が無いから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚みすらがない。
9.頭は常に全回転、八方に気を配って、一部の隙もあってはならぬ! サービスとはそのようなものだ。
10.摩擦を怖れるな! 摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと君は卑屈未練になる。

私は全然守れてませんが。。

で、これをわざわざデジカメで撮るのも面倒だったんで、どこかに画像が落ちてないかネットで「電通鬼十則 ADMT」で検索かけてみたら
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%9B%BB%E9%80%9A%E9%AC%BC%E5%8D%81%E5%89%87%E3%80%80ADMT&ei=UTF-8&fr=top&x=wrt&meta=vc%3D

なんと三番目に私のブログが引っかかった。それを書いたことすら忘れてたのに。
http://blog.livedoor.jp/blackdesign_2004/archives/2004-12.html
ブログとはいえ、自分で作ったものが検索の三番目とは凄い!と思ったが、よくよく見ると、1〜6件目中の三番目だった。つまり下から四番目orz

ちなみにADMTとは私がコミュ主まで勤める
http://mixi.jp/view_community.pl?id=56929
アド・ミュージアム東京。鬼十則も300円で販売中。

デザイナーのための3Dセミナーというのに行く。大分前に無料だったので申し込む。こういうのはたいてい当日になると忙しく行くかどうか迷ってしまうのだが、なかなか有意義なセミナーでした。Shadeというソフトを使用。しばらく無縁な間に恐ろしく機能が進歩してるわ。これを機会に再度勉強を始めようと決意。