ナビゲーションをスキップ

Monthly Archives: 11月 2004

●マルク・ジェネがフェラーリ加入を発表
マルク・ジェネがルカ・バドエルに次ぐフェラーリの2005年セカンド・テストドライバーになる という公式発表が、22日に行われた。

勝とうがわめこうが、手綱をまったく緩める気配のないフェラーリ。黄金時代はあと数年は続くかも。

●フェラーリ、マンハッタン中心部に新たなショールーム
アメリカ合衆国進出から50年という記念の年に、フェラーリ・マセラティ・グルー プが新たなショールームをオープンすることになった。50年の間にアメリカはフェラーリとマセラティにとって世界最大の マーケットになった。このショールームはアメリカとカナダの輸入を担当して いるフェラーリ・マセラティ北アメリカ直営のものとなる。

意外にもアメリカ人もフェラーリを買うのですね。どんなショールームなんだろ?見てみたいものです。

●エクレストン、権力消失の危機 3銀行による訴訟開
F1において独裁的な権力を持つバーニー・エクレストンの支配を揺るがす裁 判が月曜日から開始さ れた。裁判は、フォーミュラ・ワン・ホールディングス(FOH)の役員2名に関する 選任の正当性を巡っ て争われる。FOHの母体であるSLECホールディングスは、その株式の75パーセントを『スピ ード・インベスト メンツ』という3つの銀行から成る企業が所有しており、残る25パーセントを エクレストンのファ ミリー企業、『バンビーノ・ホールディングス』が持っている。JPモルガン、リーマン・ブラザーズ、バイエルン州立銀行の3銀行は、スイス 人弁護士のLuc Argand氏とその妻、Emmanuele Argand-Rey夫人が2年前に『バンビーノ・ホー ルディングス』 からFOHの役員に選任されたことに異議を申し立てている。Argand氏は25年間にわたり、エクレストンの弁護士を務めていた人物だと言 われている。もし、 銀行側が勝訴し、取締役会の指導権の大半を握るようなことになれば、F1を 牛耳ってきた73歳の エクレストンの権力は重大な危機にさらされることになる。エクレストンはスイスで審理を行うよう求めていたが、却下された。

バーニーがF1界の影響力を減らす事には賛成だけど、その権力が銀行なんぞにいってしまうのもどうかと思うわ

のだめカンタービレ、10巻まで読破。

しかし10巻で完結だと思っていたが、
まだ続いてるらしい。その展開に唖然とした。
もろ少女マンガなので
どの雑誌に連載してるのかもよくわからん。

今朝、目が覚めたら
なにも布団をかぶってない状態だった。なんで?
頭がガンガンする。
卵酒飲んで、とっとと寝よう。

その前も一日5通くらいは迷惑メールきてたと思うけど、
先月くらいのあるときを境に、
一日20通くらいくるようになった。むかっ。
なにが理由なのかはよくわからん。

アドレス変更したらいいんだろうけど、
変えたからって、こなくなるわけじゃないだろうと思うし。面倒だし。

しかし、迷惑メールの傾向として、
平日に比べて、土日は割と少ない。
日曜はさらに少ない。
迷惑メール会社の社員さんが、
一日何通のノルマでもって、働いてるのだろうか?
タイムカードなんか押しちゃったりして。

株式分割に関するご通知を
初めていただく(ご丁寧に郵送されてきた)
初めて経験する、所有株の株式分割。

ちなみに株式分割とは、それまでの1株を1.2株とか2株とかに分割することです。
例えば、1株を2株に分割すれば、1000株の持ち分は2000株になります。株価がそれまで2000円なら1000円(2000円/2株)に修正されます。分割前の時価総額は200万円(2000円×1000株)、分割後も200万円(1000円×2000株)で変化はありません。会社の発行株式数は2倍になり、各株主の持ち株数も2倍になりますが新たな払い込みがないので株主資本の総額に変化はなく、株主の株式保有割合も変わりません。
ただし株主や投資家にとっては次のようなメリットがあります。その会社の1単元株式数が1000株なら、分割後は2単元になったわけですから1000株ずつに分けて売却できるようになります。一方購入者側は、1単元の株式を購入するのに分割前には200万円必要だったのが、分割後は半分の100万円で購入できるようになります。つまり投資金額が引き下げられることにより、運用資金の分散や多様な投資方法をとることが可能になるわけです。分割後、株主数や売買高が増え、株式の流通性が高まったケースも多いのが事実です。

14bddf21.jpgコンビニにたまたまおいてあった
「のだめカンタービレ」というマンガにはまった。
ろくでなしの音大ピアノ学科生「のだめ」と、
指揮者希望のエリート(?)ピアノ学科生の物語?

帰ってきて調べてみたら、
既に10巻まででてるみたいだ。
買いに行かなきゃ。

超正統派博多とんこつラーメン。
http://www.maru-kin.co.jp/

有名とんこつラーメン屋は
「とんこつの臭みが全然感じられない上品な味!」とか
評されたりするけど、
ここのはそんな高級な味じゃなくて、こくのあるとんこつ本来の旨さのスープ。
たぶん正統派とんこつラーメン。
ラーメン+煮玉子+ごはんが最強。

いくつもりはなかったけど、渋谷に用事があることに気づき、
渋谷まで来たんだからついでに千駄ヶ谷(仕事があった)まで行ってみよう!
とか思い、行ってみた。

遠かった。道に迷った。
しかし原宿近辺人多すぎ!

帰って地図を見たら、直線距離で7キロもあった。
街路樹は紅葉しててきれいでした。

ここのカレーは、具がでかくておいしい。
しかも380円。渋谷駅高架下。

http://www.trb.co.jp/Haikara/Shibuya/

営業用ノベルティとして、
来年のカレンダーを作ることにした。
印刷します。
ちょっと楽しくなってきた。